この星の格闘技を追いかける

【UFC227】デメトリウス・ジョンソン、陥落。ヘンリー・セフードのテイクダウンにスプリット判定負け

<UFC世界フライ級選手権試合/5分5R>
ヘンリー・セフード(米国)
Def.2-1:48-47.48-47.47-48
デメトリウス・ジョンソン(米国)

すぐに右ローを蹴ったDJ、セフードは右拳を低く置いた構えを見せる。が、DJのアウトサイドのローを受けて、前足=左足の爪先がマットに引っ掛かりよろめく。構えを変えたセフードに右ミドルを入れたDJは、ローを今度は右足に蹴っていく。踏み込んで左を当てたDJにセフードも左を振るっていく。時折りオーソで構えるが、サウスポー主体のセフードは右足を削られていく。

ローに続き、左ミドルを決めたDJはセフードのテイクダウンのフェイクにつられず、オーソになると確実に左足に蹴りを当てていく。DJの右ハイをキャッチして倒し、立ち上がり際で距離を詰めて左をセフードが打ち込む。間合いを取り直したDJが、ローを蹴り初回が終わった。

2R、シングルレッグに出たDJをケージに押し込んだセフード。離れたチャンピオンの右ローで体がよろめく。DJは踏み込んで右ストレートを当てると、左ローインサイドローで前足を削る。セフードも右ハイや力のはいるフックを振るっていく。オーソで構えるようになったセフードのシングルを切ったDJが、左ミドルから左ローを蹴っていく。

ニータップに反応した王者が、ローとミドルを繰り返す。残り70秒で、組んだセフードがヒザ蹴りから右腕を差し上げ、同時に大内刈りを仕掛けてテイクダウンに成功する。背中をマットにつけたDJは、ハーフで抑えられるも、シングルからスクランブルへ持ち込もうとする。足首を掴んで耐え、肩口にヒザを入れたセフードは互角の攻防を繰り広げた。

3R、右を当て、左を入れると、間合いを取るために背中を見せるセフードを追いかけるチャンピオン。挑戦者は再び組んでテイクダウンを仕掛け、一旦倒れたDJがすぐに立ち上がる。組み負けない挑戦者はケージに王者を詰めようとするも、距離を取られる。右ローでセフードを一回転させたDJは、右フックを当てる。セフードは右ローに右のカウンターを狙うが、王者の右ローを受け、オーソに戻す。セフードはローにパンチを合わせるという動きを徹底する。

それでも鋭い右ローを入れて離れるDJだったが、クリンチからバックを許す。前転してスクランブルに持ち込んだチャンピオンに対し、セフードも背中を譲らずに向き合った形で離れる。蹴りを腹に入れるDJのヒザ蹴りにテイクダウンを合わせてセフード。今度は前転でエスケープしたチャンピオン──2度、テイクダウンを許しそうになりスクランブルに持ち込んだ攻防が、どのように判定に響くか。

4R、右ローを入れ、右を放ったDJ。セフードの構えに合わせて、逆のスタンスを取るように戦う。と、ワンツーをチャンピオンが当てるが、ローにテイクダウンを合わされる。立ち上がり際にヒザを入れたセフード、すぐにDJが右を返す。さらにリードレフトを当てた王者が左インサイドローを蹴る。

続いて右を被弾したセフードは、右ミドルで腹をえぐられてもプレッシャーを弱めない。ダブルレッグから、ハイクロッチにスイッチし右足を振り払いテイクダウンに成功したセフードは、2Rに続きチャンピオンの背中をマットにつかせる。右腕を差したDJだが、エルボーを被弾。首を抱えてトップをキープしたセフードに対し、DJはバタフライガードをとるが、スイープからスクランブルに持ち込めない。このまま下でラウンドを過ごしたチャンピオンはラウンドを失った。

最終回、オーソ同士の構えで右ローを蹴ったDJは、サウスポーにスイッチしてオーソに戻る。再びサウスポーで構え、左ミドルを入れたDJだが、前に出たところで右を被弾しバランスを崩す。DJの左ローを蹴られても前に出るセフードが左を繰り出す、ここに左のカウンターを当てたDJだが、組まれてバックを許す。

バックスローを狙ったチャレンジャー、耐えたDJが体を入れ返すが、またもインサイドトリップで尻餅をつかされる。スタンドに戻り、左を当てられたチャンピオンはハイからテイクダウンを狙うも、切られる。DJもセフードのテイクダウンを蹴り、近距離で左ハイ。パンチを返したセフードは、タイムアップとともに右の拳を力強く握り勝利を確信したような表情を浮かべた。一方、DJもマット・ヒュームに抱えられ勝利をアピールする。

序盤はローやミドルで試合をリードしたチャンピオンだが、中盤からテイクダウンゲームでリードを許すようになったのは確かだ。一方で、打撃のヒットは終盤までなかった挑戦者──ジャッジの裁定は、スプリットでセフードが新UFC世界フライ級チャンピオンの座に輝いた。

チームの一人ずつ名前を挙げて感謝の言葉を続けたセフードは「五輪金メダリストになり、UFC世界王者になった。DJはフライ級に留まったけど、僕は階級を上げたバンタム級王者を目指す」と新王者は語った。

DJは「良い試合だった。セフードはタフだ。近距離では蹴りを狙ったけど、しっかりと足を抱えられてしまった。そうだね。彼が今はチャンピオンだ。今後? 家に戻って──次に向かって休むよ」という言葉を残した。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY