この星の格闘技を追いかける

【UFN134】アブ・アザイター、ヴィトー・ミランダを打で圧倒し、組みでも粘りUFC初戦で勝利

<ミドル級/5分3R>
アブ・アザイター(ドイツ)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ヴィトー・ミランダ(ブラジル)

KSW、ACB、WSOFからUFC母国大会でオクタゴンにたどり着いたアザイター。左右の大きなパンチを見せたアザイターが、ボディを決める。踏み込んで左を伸ばしたアザイターが、コンビネーションでパンチをまとめる。ボディに連打を受け、ミランダは続いて顔面にワンツーを被弾する。さらに右オーバーハンド、左ボディフックとアザイターが打撃戦で試合をリードする。

ミランダはローからフックを放ち、ダブルレッグを決める。足を一本抜いたミランダは、腕を取りに行くがアザイターが許さない。ミランダが左のパンチを落とすと、アザイターはスクランブルに持ち込み、最後の5分間でパンチを連打しミランダを追い込んだ。

2R、アザイターは大きなパンチを踏み込んで打っていくが、スタミナは大丈夫か。ミランダは首相撲からヒザを入れるが、アザイターは勢いのあるパンチを見せる。しかし、初回と同じようにテイクダウンを許すと、アザイターのロールを潰したミランダがマウントを奪う。肩固めを仕掛けながら、スクランブルに持ち込んだアザイターだが、すぐにテイクダウンからマウントを奪われてしまう。

ここもブリッジで上を取ったアザイターはガードの中で、思うように動けない。残り1分でブレイクが掛かり、試合はスタンドで再開される。アザイターは右から左フックを当て、ミランダのテイクダウン狙いを潰してバックに回り後方からパンチを集中させて試合は最終回に。

3R、アザイターが左ミドルを蹴る。と、ダブルレッグでテイクダウンを奪ったのはアザイターだ。ミランダはクローズドガードを取り、下から細かいパンチを入れ一瞬にして腕十字へ。懸命にクラッチを組むアザイターは、ミランダの頭に足を絡ませていく。自ら十字を外したミランダがトップキープ選択しサイドで抑える。

足を戻したアザイターだが、担ぎパスを決められサイドで抑えられる。ニーインベリーのミランダに対し、アザイターはブリッジでリバーサルする。後方から殴りながら両足をフックしたアザイターだが、ミランダも胸を合わせてパウンドへ。ここで試合は終了した。結果、3-0でアザイターがUFC初戦で勝利した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY