この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS S02 Ep05】コリーンをヒジで引き裂いたバーバー、ピラルテとシャバジアンが契約GET

<女子ストロー級/5分3R>
メイシー・バーバー(米国)
Def.3R4分15秒by TKO
ジェイミー・コリーン(米国)

サウスポーのバーバーは左ハイ、コリーンが右ストレートを返す。組んでケージに押し込んでいく。残り2分までこの攻防が続き、パンチを振るいながらバーバーが離れる。左ハイをガードの上から蹴ったバーバー、コリーンは右フックを返す。左だけでなく右の蹴りも繰り出すバーバーが、蹴りで距離をコントロールする。時折り、上への蹴りが見えていないコリーンは手数でも劣る展開が続き、再びケージに押し込まれる。バーバーが離れたところで初回が終わった。

2R、まず左ローを蹴ったバーバーが左ハイを見せ、左ミドルを蹴っていく。ガードし左フックを返すコリーンは、右の上への蹴りは見えていないか。バーバーは左ミドルを続け、ロー&ハイと攻撃を散らす。右のカウンターを当てたコリーンは、後手に回る展開から抜け出すことができない。こなるとバーバラはパンチも交えて、前に出て組んでテイクダウン成功する。ハーフからパンチとエルボーを落とし、パスを決めたバーバーはクローズドガードに戻されても、鉄槌を打ち下ろす。コリーンは望みの腕十字を防がれ、最後に蹴り上げからスタンドに戻ったが完全にラウンドを失った。

3R、シーズン01で最初の2Rを失い腕十字で逆転勝ちをしているコリーンは、ローで足払いを決め、起き上がってきたバーバーの左の蹴りをキャッチしてパンチを入れつつケージに押し込む。体を入れ替えたバーバーは右エルボーを打ち付け、ヒザ蹴りへ。エルボーや細かいパンチで削られるコリーンは小手を決めての投げも防がれる。

残り1分40秒で離れたバーバーがサイドキックからパンチへ。大きな振りの右を返したコリーンは、直後に組まれてテイクダウンを許すと勢いのあるパンチを被弾する。さらにエルボーを被弾したコリーンは左目の下をカット。すぐにレフェリーが試合を止め、コリーンは2シーズン連続の逆転勝ちとはならず、3歳からMMAの練習をしてきたバーバーがTKO勝ちを決めた。

DWTNCSシーズン2、第5週はエドマン・シャバジアン、ドミンゴ・ピラルテ、そしてメイシー・バーバーが契約を勝ち取った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY