この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS S02 Ep05】オンエネジェチェがアダムスにスプリット判定勝ちも、得意な展開を創れず

<ミドル級/5分3R>
チブウィケム・オンエネジェチェ(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
アンソニー・アダムス(米国)

本来はウェルター級、5日前のオファーを受けたアダムスにオンエネジェチェが鋭い右ローを蹴っていく。さらにワンツーを入れたオンエネジェチェはローの相打ちから、間合いを取り直す。右ローに続き、右ストレートを放つオンエネジェチェが距離をコントロールしている。ボディを入れ、左ロー、さらに右ローを蹴り込むオンエネジェチェに対し、アダムスは前に出ることができない。

それでもジャブから右を当てたアダムスが、すぐに離れる。オンエネジェチェは右ミドルを蹴られると、すぐに同じ技を蹴り返すが、自分から距離を詰めることなく基本はカウンター狙いだ。アダムスの後ろ回し蹴りに組みついたオンエネジェチェだが、ここから得意な組み&打撃を見せることはなく、逆にスピニングバックフィストを被弾した。

2R、オンエネジェチェが左ミドル、右フックを合わせようとしたアダムス。これでまたオンエネジェチェが間合いを測るファイトに。アダムスが出てこないと、間合いを詰めるのを途中で止めるオンエネジェチェは、右ローを蹴られる。ロー、右オーバーハンド、オンエネジェチェの攻撃は距離が遠いままだ。カカト落としをかわしたアダムスが、スピニングエルボーを繰り出す。続いてアダムスはパンチのレンジの外から右ミドルを入れる。動きは多くても、攻撃は決して多くないオンエネジェチェ。アダムスはそれ以上に手が少ない。オンエネジェチェが圧をかけているのは確かだが、その先がなかった。

やや距離が狭くなった最終回、オンエネジェチェのパンチに対し、アダムスは時折り右を合わせようとするが、バックステップでかわす展開が多い。それ以上に前に出ないオンエネジェチェ。これまで首相撲&ヒザやダーティーボクシングで倒してきたのは、相手の動きに合わせてだけで自らその形を創れないことを、この大切な試合で露呈してしまった。

アダムスのダブルレッグもスプロールし、そこから離れるのみ。と、残り1分40秒で会場のライトが落ちてしまう。壁際のブルーライトの明かりのみでケージが真っ暗になってしまう前代未聞のアクシデントは2分ほどを経て、解決。

リスタート後、アダムスの左フックがヒット。オンエネジェチェは蹴りを当てて、左フックから右ストレートを繰り出すが、アダムスがサークリングでかわす。ボディロック、オーバーハンドを見せたアダムスは、右ストレートに組んでいく。ケージを背負ったオンエネジェチェは押し返し、首相撲にはいかない。最後の10秒はお決まりのようにパンチを交換したものの──DWTNCSという場を考えると、その意図を消化できていないパフォーマンスに終わった。

結果、オンエネジェチェがスプリット判定勝ちを収め「ゲームプランはカウンター狙いだった」と勝利を振り返った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY