この星の格闘技を追いかける

【UFC226】右ストレート→飛びヒザ→ギロチン→三角絞め→腕を伸ばして、ペティスがキエーサから一本勝ち

<157.5ポンド契約/5分3R>
アンソニー・ペティス(米国)
Def.2R0秒52秒by 腕ひしぎ腕固め
マイク・キエーサ(米国)

右ジャブを伸ばすキエーサが、すぐに組み付いてテイクダウンに成功する。ペティスは背中を付けさせられ、肩固めに捉えられそうになる。体を起こしてパンチを入れるキエーサに対し、右腕を差して起き上がったペティスがバックに回る。

立ち上がったキエーサはキムラロックから投げを打つが、ペティスはすぐに立ち上がってキエーサをケージに押しこむ。態勢を入れ替えたキエーサが首相撲からヒザを入れ、ダブルレッグを狙う。続いてボディロックから小外掛けでテイクダウンに成功したキエーサは、ガードを取るペティスにエルボーを落とす。立ち上がったキエーサにガードから蹴りを放ったペティスが立ち上がり、シングルレッグを切る。左に回るキエーサに左ローを蹴るペティスが、右ストレートをヒット。蹴り足を掴むと、引き込んだキエーサにパンチを落とし、シングルレッグには足を抜く。

後ろ回し蹴りから軸足をスイッチして蹴りを狙ったペティス、これは空振りに終わったがフォーンと同時に放った右でキエーサが尻餅をついた。

2R、ペティスは右ミドル極め、効いていないとアピールし左から右ローを蹴ってきたキエーサに左ストレートを当て、飛びヒザでダウンを奪う。立ち上がってきたキエーサにギロチンを仕掛けるが、これを防がれ下になると、待ち構えていたように三角クラッチへ。足をすくいつつ、左腕を伸ばしたペティスが体重超過のペティスからタップを奪った。

「ファンがフィニッシュを望んでいるから、そういう戦いをするんだ。レスリングを忘れて。キックボクシングもそうだよ」を颯爽と語った。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN