この星の格闘技を追いかける

【TOP FC18】2Rを明確に取った岡野が、マジョリティ判定でジョン・セユンを下す

<ウェルター級/5分3R>
岡野裕城(日本)
Def.2-0:30-28.30-29.27-27
ジョン・セユン(韓国)

まず右前蹴りを見せ、左ジャブを伸ばす岡野。続く前進にジョン・セユンが左を合わせる。ジョン・セユンは右ロー、岡野はカットし右前蹴りをボディに入れる。ジョン・セユンも右前蹴りを返し、右ローを蹴る。岡野は左ジャブも、ジョン・セユンが右を打ち込む。岡野の右にも左をカウンターで合わせたジョン・セユンが、呼び込みながらパンチを当てるシーンが増えて来たか。

さらに左ジャブをダブルで見せたジョン・セユンは、左ハイの空振りからスピニングバックフィストへ。ジャブの差し合いに続き、岡野は右ボディを放つ。ジョン・セユンの右にダブルレッグを合わせ、前に走るようにテイクダウンを奪った岡野は足を一本抜く。ジョン・セユンが右を差しつつ立ち上がり、逆にダブルレッグ狙いへ。ギロチンで抱えた岡野がケージを背にして倒れず初回が終わった。

2R、左ジャブを互いに繰り出し、岡野が右ロー。ジョン・セユンが圧力を強め右を伸ばす。岡野が組んでバックを取ると、ジョン・セユンは前転から巻き込んで上を取りに。スクランブルの状態となり両者が立ち上がり、ジョン・セユンが岡野をケージに押しこむ。体を入れ替えた岡野は首相撲からヒザをボディに入れ、ダブルレッグへ。そこからエルボーは当てて離れた岡野がスーパーマンパンチ、ジョン・セユンが右を当てて前に出るとショートの連打から組んでくる。

金網際のクリンチ戦は早めにブレイクが掛かり、ケージで中央を取るジョン・セユンに岡野が左ジャブを2つ入れる。ダーティボクシングから、離れた岡野を追いかけるジョン・セユンだが、決して手数は多くない。組みを切った岡野は右を当て、下がったジョン・セユンにギアの上がった蹴りやパンチを打ち込み、この回を明白に取った。

最終回、右を見せてから組んできたジョン・セユンに対し、岡野はケージを背にしてヒザをボディに突き刺し、小外掛けでテイクダウンを狙う。ここはジョン・セユンが耐えたが、岡野は体を入れ替えてダブルへ。右腕をジョン・セユンが差して、態勢を入れ替えたところでブレイクが掛かる。ケージ中央からテイクダウンを狙った岡野は逆にテイクダウンを許し、バックを取られる。ジョン・セユンは自ら離れ、打撃の間合いに戻るが、右フックを被弾する。

岡野は左ジャブを当て、ジョン・セユンの被弾することはほとんどない。ジョン・セユンの右をバックステップでかわした岡野だが、続く局面で右フックを当てられる。ジャブ、右ローで前に出たジョン・セユンは、組んで岡野を金網に押し込む。ここもすぐにブレイクとなり、岡野は左ジャブを当てる。ジョン・セユンが左ローを蹴るが、岡野のジャブを受ける展開が変わらない。最後に前に出たジョン・セユンは、右を当てる場面もあり、タイムアップと同時に両手を挙げた。

明確なラウンドは2Rの岡野のみ。初回は岡見がテイクダウンを決め、最終回はジョン・セユンが前に出て印象点を稼いだが、ほぼ差はなかった。結果、岡野は2‐0のマジョリティ判定で復活勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF