この星の格闘技を追いかける

【UFC218】組み+打撃でトーレスが、ウォーターソンを削って判定勝ち取る

<女子ストロー級/5分3R>
ティーシャ・トーレス(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ミッシェレ・ウォーターソン(米国)

ウォーターソンの左ハイにも距離を詰めていくトーレス。そのトーレスのワンツーに組みついたウォーターソンが、テイクダウンからスクランブルのなかでバックを取る。バックマウントを諦め、着地したウォーターソンに対し、トーレスは胸を合わせて離れる。トーレスはクリンチからショートアッパーを連打。蹴り足もキャッチし、そのままリリースするなど打撃戦に応じる構えだ。

首相撲からヒザ、振り回してエルボーと力強い攻撃を続けるトーレスの前にウォーターソンは苦戦を強いられる。ヒザ、ヒジ、アッパーとクリンチからの攻撃が強いトーレスにウォーターソンが左を入れて離れる。すぐに組んだトーレスは、ウォーターソンをケージに押し込む。ここは無理をせず間合いを取り直し、また組んで細かい打撃を入れていく。ウォーターソンはサイドキックなどを見せるが、肩で息をしており削られている。最後に片足を取りパンチの連打、リリースしてエルボーを打ちつけたトーレスが初回を取った。

2R、踏み込んで力強い右フックを当てるトーレスに対し、ウォーターソンがヒザをボディに返す。打撃で押され気味だったがウォーターソンは首投げを決めて、トップを奪う。ウォーターソンはハーフで抑えるも、手首を掴まれ殴ることができない。その左腕にキムラを仕掛けたトーレスは、リバーサルを狙う。

バランスをキープし、キムラも外したウォーターソンがしっかりと抑えにいく。腰を押したトーレスはハイガードから三角を狙う。腰を上げて体重をかけたウォーターソンが担ぎへ。三角を諦めたトーレスはサイドを譲り、ここから立ち上がった。

最終回、トーレスは右ストレート、右ハイを見せる。間合いを図るウォーターソンは右周防レートをヒットさせて組みつく。テイクダウンを許さなかったトーレスは、ウォーターソンのエルボーを避けるも右を打たれる。蹴りでバランスを崩すなどウォーターソンも疲れが観え、右フックを被弾する。トーレスは右ミドル、ウォーターソンは前蹴りを見せるが、バランスを崩して尻餅をつく。

立ち上がってきたところで組んでバックに回ったトーレスは、前方に落とされそうになりながら頭をマットにつけ、両足を伸ばすことでウォーターソンの背中も伸ばす。エルボー&パンチを連打したトーレスだが、ウォーターソンが上を取り返しスタンドに戻る。直後にタイムアップとなり、3‐0で判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie