この星の格闘技を追いかける

【Titan FC46】体重超過のカスタネダをあくまでも前進、突進ファイトでバラルトが破る

<131ポンド契約/5分3R>
グスタボ・バラルト(キューバ)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
マルセロ・カスタネダ(ペルー)

カスタネダの計量失敗でキャッチウェイトマッチとなった一戦は、両者が左右のフックを打ちあう展開で始まった。バラルトはサウスポーの構えから思い切り左フックを振るい、飛び込みながら左フックを当てる。右ハイを返すカスタネダに対し、バラルトは飛びヒザを放ち、着地後にフックを打ち込む。引き続き大きな振りの左フックを放つバラルトが、その左フックから右に続き、直後の左フックでダウンを奪う。

組んでダメージをごまかそうとしたカスタネダのテイクダウン狙いを切り、フックを続けるバラルト。バラルトはリズムを変えてツーステップで距離を詰めて左フック、さらにヒザ蹴りからまたも左フックを打ち込む。左回りで距離をとることで手一杯のカスタネダに対し、バラルトが左フック中心のファイトで初回を取った。

2R、遠い距離からヒザ蹴りを繰り返すだが、バランスを崩してマットに手をついたところでバラルトのヒザ蹴りが顔面に当たったと試合が中断される。この攻撃は肩へのヒットだったが、カスタネダの回復を待って試合が再開される。荒いフックの打ち合いのなかでバラルトがダブルレッグでテイクダウンへ。

尻餅をつかされたカスタネダは立ち上がってスイッチを狙う。バラルトはボディッロックで腰をコントロールしてバックをキープし、後方への投げを仕掛ける。これは失敗し、背中を取った形で試合はグラウンドへ。カスタネダがすぐに立ち上がり、飛び込んでフック、接近戦で足を止めて打ち合うという展開で試合が最終回へ。

パンチが当たる距離が近い両者、その距離になるとバラルトもカスタネダもヒザ蹴りを幾度となく狙う。飛び込んで前蹴り、離れて右ハイを狙ったカスタネダの蹴り終わりで左フックを当てたバラルトは、右フック、二段蹴りの要領のヒザ蹴りをヒットさせる。

飛び込んでヒザ蹴り、そこから頭を下げてフックを振り回すバラルトのローでカスタネダが姿勢を乱す場面も。残り1分、バラルトのテイクダウンを切ったカスタネダだが、大きく息をして前に出ることができる。バラルトは左ミドルを当て、左フックを大きく振るっていく。カスタネダも遠い距離から、踏み込んでヒザ蹴りを繰り出すが勢いはない。最後は足を止めての打ち合いもバラルトが制し、判定勝ちを手にした。

5連勝とした勝者は改めてホゼ・トーレスへの挑戦をアピールした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY