この星の格闘技を追いかける

【RFC43】韓国新世代エース候補キム・ギョンピョ、ツァルキャンのTDに敗れる

<ライト級/5分3R>
アルマン・ツァルキャン(アルメニア)
Def.3-0
キム・ギョンピョ(韓国)

ツァルキャンがまず左ロー、続いて左ハイを繰り出す。重い右ローの直後にダブルレッグでテイクダウンに成功したツァルキャンは、立ち上がったキムにシングルを仕掛けケージに押し込む。股間の下に頭を入れて尻もちをつかしたツァルキャンは、再び起き上がったキムの足を抱え上げつつ担いで尻もちをつかせる。

背中を譲ることなく立ち上がったキムが逆に右腕を差して尻もちをつかせる。ツァルキャンはテイクダウン狙いから、右フック&ローを蹴り込む。キムの蹴り足を掴んだツァルキャンだが、徐々に組む時間が短くなる。大きなフックを振り回すツァルキャンをケージに詰めたキムだが、左腕のワキ差しテイクダウンで崩され、パンチを受けながら立ち上がると、初回が終了となった。

2R、ツァルキャンがまず左ミドルを当てる。キムは左フックをヒットさせ、ダブルレッグをスプロール――と思いきや、大きく持ち上げられ倒される。バックを制してグラウンドに持ち込んだツァルキャンは両足をフックさせる。手首を掴んで、起き上がりつつツァルキャンを前方に落としたキムだが、リバーサル狙いから同体でスタンドに戻される。スタミナが切れかかったと思われたツァルキャンよりも、キムが先に疲れを露わにするようになる。

ケージを背にして、座った形のキムのボディにヒザをツァルキャンが突き刺す。試合がスタンドに戻っても、キムはやや棒立ち気味でフックを受けそうになる。後ろ回し蹴りをボディにツァルキャンが入れ、続いてスピニングバックフィストを繰り出すと、ヒジが当たりにそうになり注意が入った。

3R、左ジャブを伸ばすキムに対し、ツァルキャンはダブルレッグで深く踏み込み、シングル、再びダブルレッグに戻して振り上げるようにテイクダウンを奪う。バックを取ったツァルキャンは、ここでも後方に倒れ込み両足をフックしてRNCへ。

ヒジを押し上げて防ぐキムが胸を合わせようとすると、ツァルキャンもすぐにスタンドに戻る。ツァルキャンのテイクダウン狙いをスプロールしたキムは、引き込んできたツァルキャンのアームドラッグにパスを合わせていく。バタフライフックを越えたキムに対し、ツァルキャンが即シングルレッグを狙いつつスタンドに戻る。

残り90秒、ツァルキャンが後ろ回し蹴り。スピニングバックフィスト、直後に抜群のタイミングでダブルレッグへ。これは力がなかったツァルキャンだったが、ワキを潜ってバックに回り込み、またも寝技に持ち込んでバックマウントに持ち込む。最後の10秒で胸を合わせてパウンドを落としたキムだが、時すでに遅し。テイクダウン、バックマウント奪取が続けば、さすがにロードFCルールでもツァルキャンの判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie