この星の格闘技を追いかける

【DEEP79】越智晴雄との初防衛戦に挑むカン・サトー─02─「試合は戦ってみないと分からない」

Kanta Sato【写真】結論として、だから強いんだろうなと思わされたインタビュー(C)MMMAPLANET

16日(土)に東京都大田区の大田区総合体育館で開催されるDEEP79のメインで、越智晴雄とストロー級王座初防衛戦を戦うカン・サトーのインタビュー後編。

私生活の紆余曲折を前半では話した佐藤は、越智との防衛戦に関しても雲を掴むような問答が続くが、最終的に普段の練習の成果を実戦で生かす術を有していることが明らかになった。それができれば、誰でも勝てると指摘してしまえばそれまで。ただし、カン・サトーはそうやって勝利を重ね、ベルトをその腰に巻いて来たのだ。

<カン・サトー・インタビューPart.01はコチラから>


──体が大きくなり、動きに変化は感じられますか。

「変化ですか? 実際にMMAの練習でもスクランブルで上を取り切れたりするときは、フィジカルが強くなった感覚があります」

──ところで初防衛の相手がトーナメント準決勝で一度は勝っている相手になるとは想像していましたか。

「チャンピオンになった時は思っていなかったですけど、越智選手が村元(友太郎)選手に勝った時ぐらいにはあるかなって思い、ランボー宏輔選手に勝てばそうだろうなと。

本音を言えば、一度勝っている相手なので普通に再戦は嫌です。でも、勝ち上がってきたわけですし、今度は勝ってやろうって燃えていますよね。アハハハ」

──なぜ、笑いが(笑)。前回対戦した時と越智選手のその後の2試合、どこか変わった印象はありますか。

「変わったところですか? いやぁ、試合を見ていないので分からないです。でも、一本を取る力があるのは怖いです」

──試合を見ていない……いつもそのような感じなのですか。

「見ることもありますけど、今回は単純に見る機会がなかったです」

──いや、いつでもチェックできるでしょう。

「アハハ、そうッスね。あんまりどう戦うかなど考えていないです。僕も1年前よりかなり強くなっているので、なんとかなるんじゃないかなって。アハハハ」

──このインタビューを越智選手が読むと、余計に燃え上がりそうです。でも、そう断言できるほど自信があると?

「う~ん、そこまで意識はしていないですけど、練習はしてきました。全部、強くなっています。ただ、それは思っているだけなので、本当のところは分からないです。

越智選手はパンチも一発が強いし、テイクダウンも強いです。当たったら、怖いです。僕の方がリーチがあるのですが、突っ込んでくるので。そこはやってみないと分からないですし、なので組まれても大丈夫なようにトータルで鍛えています。

ただ本当に試合は戦ってみないと分からないです。どう越智選手が動くのか分からない。僕も様子見などせず前に出るかもしれないですし。逆に間合いを取るかもしれないし」

──つまり向かいあった感覚で試合を組み立てて、作戦はないに等しいということでしょうか。

「う~ん、坪井(淳浩)先生の指示を守って戦うだけです。その通り戦います。映像だって坪井先生が見てくれていますし、打撃は坪井先生でグラウンドは梅村(寛)さんが見てくれて。2人がどうすれば良いのか対策を練ってくれています。

なので、僕は普段から練習して、その指示を守ることができれば勝ちます。調子が良ければ、その通りに動けます。調子が悪いと……ハハハハ。でも、できなかったことなんてあったかなぁ? 

あっ、でもありますね。ハハハハ。でも、できるだけ言われたことをやるようにしています。ホント、試合中に坪井先生の声が聞こえると、『あっ、そうか!!』って思い出すんです(笑)」

──最初の話に戻りますが、ラウンド毎の裁定になって戦い方を変える必要も、どこか生じるのではないでしょうか。

「きっと、坪井先生の指示が変わってくると思います。そこに従って、動きます」

──そこは一貫していますね。ところで以前、MMAの試合映像などほとんど見ることがないと言っていましたか、その辺りの意識の変化はありましたか。

「アッ、でも試合の動画は見るようになりました……いや、あんまり見ていないままです、ホントは。アハハハハ」

──……。そんなカン・サトー選手ですが、理想としてどのような初防衛戦にしたいと思っていますか。

「盛り上がるような試合ですね。どんな形でも良いので。もちろん、僕が勝ってですけど。アッ、でも盛り上がる試合って逆転とかだから、苦しむ試合になりますよね……なら、やっぱ嫌ですね(笑)」

──この試合に勝って、次に目指すところは?と尋ねても、カン・サトー選手の口からは何か出てきますかね??

「まぁ、出ないですね(笑)。取り敢えず防衛しておけば良いかなって感じです」

■DEEP79対戦カード

<DEEPストロー級選手権試合/5分3R>
[王者]カン・サトー(日本)
[挑戦者]越智晴雄(日本)

<フライ級/5分3R>
和田竜光(日本)
ランボー宏輔(日本)

<フェザー級/5分3R>
DJ.taiki(日本)
芦田崇宏(日本)

<ミドル級/5分3R>
水野竜也(日本)
林源平(日本)

<女子73キロ契約/5分3R>
KINGレイナ(日本)
キム・ヨンギ(韓国)

<女子ストロー級>
藤野恵実(日本)
べク・ヒョンジュ(韓国)

<女子55キロ契約>
村田夏南子(日本)
奈部ゆかり(日本)

<ウェルター級>
佐藤洋一郎(日本)
片平”なぎさ”吉幸(日本)

<バンタム級/5分2R>
小野隆史(日本)
CORO(日本)

<ライト級/5分2R>
大山釼呑助(日本)
成田五等兵(日本)

<ライト級/5分2R>
濱村健(日本)
¥A$U(日本)

<バンタム級/5分2R>
小林博幸(日本)
若菜千明(日本)

<フライ級/5分2R>
島袋チカラ(日本)
中山ハルキ(日本)

<フライ級/5分2R>
高橋誠(日本)
中森祐人(日本)

<ウェルター級/5分2R>
川中孝浩(日本)
久保輝彦(日本)

<バンタム級/5分2R>
柴ニャン(日本)
統好(日本)

<ライト級/5分2R>
新里佳彦(日本)
長谷川魁一(日本)

<フェザー級/5分2R>
松林佑介(日本)
木村アビイマクワウ(日本)

<63キロ契約/5分2R>
碓井健太郎(日本)
長谷川卓也(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie