この星の格闘技を追いかける

【UFC211】シャーマン、ローで楽勝と思いきや──思わぬ反撃を受け、最後はエルボーでコールター倒す

<ヘビー級/5分3R>
チェイス・シャーマン(米国)
Def.2R3分36秒by TKO
ラシャド・コールター(米国)

左ジャブを伸ばすシャーマン、左ハイは空を切る。コールターも右ロー返したが、シャーマンはリズムよくワンツー、ローを当てていく。頭の位置を変え、パンチ、蹴りを繰り出すシャーマンにコールターは距離を詰めることができない。コールターのパンチが大きくなると、ショートを連打するシャーマンが左ロー、左ジャブを打ち込む。

コールターが右オーバーハンドを当てる場面も見られたが、ローで左足を削らせ姿勢が乱れるように。シャーマンは右ローを続け、左ローから右ハイのコンビネーションを放っていく。立っているのもやっとの状態でコールターはラウンド終了を迎えた。

2R、シャーマンはまず右蹴りを見せる。意を決したように前に出て右を当てたコールターだが、直後にヒザ蹴りを受けて姿勢を乱すと、右ローからエルボーをヒットされ崩れ落ちる。抑えてパンチを打ち込むシャーマンは、殴られながら立ち上がったコールターをケージに押し込む。離れたシャーマンにコールターがパンチを振るうも、ローで体がよれる。

しかし、シャーマンはここから動きが落ちコールターの反撃を受ける事態に。右を被弾しふらつくシャーマンは、エルボーからパンチの連打。コールターはフラフラになり、最後は右エルボーでマットに崩れた。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie