この星の格闘技を追いかける

【Heat39】詳細 ライト級王座決定T準決勝01 石川英司、TD取れずオク・レユンの打撃に削られ敗退

Ok and team MAD【写真】殴り合い偏重の韓国MMA界にあって、チームMAD勢は国内とは違う戦い方ができる (C)MMAPLANET

9日(日)に名古屋市熱田区の名古屋国際会議場イベントホールで開催されたHEAT39。同大会から始まったライト級王座決定トーナメント。その初戦で石川英司が、韓国のオク・レユンと対戦した。

<HEAT総合ライト級T1回戦/5分3R>
オク・レユン(韓国)
Def.3-0
石川英司(日本)

Ok vs Ishikawa 01身長&リーチで石川を上回るオクは左ローや右前蹴りを放つ。石川は組んでケージにオクを押し込むも、ここは離れて距離を取られる。左ミドルを見せ、踏み込んで左を放っていく石川に、オクが右フックで迎え撃ち、蹴りで間合いを取る。そして、石川の右に再び右を合わせると、ケージに押し込まれてもダブルレッグ&シングルを切り、一旦離れて組んできたところにエルボーを連打する。

Ok vs Ishikawa 02オクは小手投げを打ち、崩れた石川がヒザをマットに着きながら足を取りに来ると、頭を押して体を跨いてエスケープを図る。しつこく後方から左足を取る石川は、ここも頭を押されて切られると鉄槌とパンチを打ち下ろされて流血。離れたオクがバックを取って、後方からパンチを入れて初回を取った。

Ok vs Ishikawa 032R、右ストレート&左を打ち込むオクが打撃で攻勢に出ると、ケージ際に下がった石川に飛びヒザを狙う。さらに首相撲からヒザ、ヒジを打ち込むオクに石川は組んで倒してスクランブルを制すという戦いができない。ばかりか逆にテイクダウン狙いをがぶられ、立ち上がり際に打撃を被弾するという厳しい展開に。

Ok vs Ishikawa 04それでも勝つために組むしかない石川は、ケージにオクを押し込んで小外掛けを仕掛ける。ここも踏ん張られ、ダーティボクシングで殴っていく石川に対し、体を入れ替えたオクがヒザとエルボーを打ちつける。石川はラウンドを2つ落とした。

Ok vs Ishikawa 05HEATの裁定は試合全体を通しての印象点──まだ逆転できる最終回、右を振りながら組みに行く石川にオクの左ヒザが突き上げられ、ケージの際での細かい打撃の応酬へ。体を入れ替えながら押し合いが続き、離れても即クリンチ合戦。このままでは勝ち目のない石川だが、局面を打開できず最後はマットを背中につけ、踏みつけを狙われ、パンチを被弾してしまい勝負有り。

結果、3‐0でオク・レユンが勝利して7月の王座決定戦進出を決め、「良い大会で良い相手と戦い、勝てて嬉しい。チャンピオンになります」と語った。


■HEAT39 その他の試合結果

<ISKA世界ライト級王座決定戦/3分5R>
皇治(日本)
Def.3-0:50-45.49-46.48-47
モハメド・ブールフ(ベルギー)

<HEAT総合ミドル級選手権試合/5分5R>
エンリケ・スギモト(ブラジル)
Def.2R2分37秒by TKO
辰巳豪人(日本)

<HEAT総合ライトヘビー級王座決定戦/5分5R>
アラン・ボドウ(フランス)
Def.2R3分23秒by KO
増田裕介(日本)

<HEAT総合ライト級T1回戦/5分3R>
トム・サントス(ブラジル)
Def.2-1 ※偶発的なバッティングでカットし、2R1分55秒までのジャッジの裁定→審議
岸本泰昭(日本)

<キック・スーパーヘビー級/3分3R+ExR>
プリンス・アリ(イラン)
Def.1R1分37秒by TKO
笹田勝俊(日本)

<キック・スーパーヘビー級/3分3R+ExR>
ジュリオ・モリ(ブラジル)
Def.3-0:30-26.30-26.30-27
山下力也(日本)

<キック・72キロ契約/3分3R+ExR>
Tomo(日本)
Def.2R2分25秒by KO
田中STRIKE雄基(日本)

<キック・ライト級/3分3R+ExR>
般若HASHIMOTO(日本)
Def.2R0分56秒by TKO
ダイスケ(日本)

<キック・女子57キロ契約/3分3R+ExR>
鈴木万李弥(日本)
Def.1R1分13秒by KO
キム・ヒジョン(韓国)

<総合ストロー級/4分2R>
猪原聖太(日本)
Def.1R0分07秒by TKO
岡部克己(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie