この星の格闘技を追いかける

【UFC208】ブルックスの初戦消えた大会。オープニングでラフレアーがジュカォンに判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ライアン・ラフレアー(米国)
Def.3-0:30-26.30-27.29-28
ホアン・ジュカォン・カルネイロ(ブラジル)

イアン・マッコールが体調不良により欠場、ジャレッド・ブルックスのオクタゴン初陣が消滅した今大会のオープニングはジュカォンとラフレアー戦から。初弾で鋭い左ミドルを蹴り込んだラフレアーに対し、ジュカォンはサウスポーに構える場面も。オーソに戻したジュカオンにラフレアーは引き続き左ミドルを蹴っていく。前蹴りから組み付いたラフレアーは自ら離れ、ジュカォンが追いかけて左を振るう。続いて右も当てたジュカオンは、右ローを蹴ってから組み付く。

そのまま引き込みハーフガードを取ったジュカオンをラフレアーは潜らせない。ジュカォンが右腕を差しシングルに出たところでラフレアーが立ち上がり、ここも左ミドルを見せる。クリンチでヒザをボディに突き刺すなど腹を攻めたラフレアーのラウンドとなった。

2R、ラフレアーは左ミドル、前蹴りからフックを振るうとジュカォンがダウンしクローズドガードを取る。細かいエルボーを落とすラフレアーは自ら立ち上がり、試合はスタンドに戻る。右を見せて左ハイを狙ったラフレアーが、ジュカォンの右フックにダブルレッグを合わせる。

スクランブルから距離を取ったジュカォンだが、左フックを被弾しダウンしハーフとロックアップで防御に徹する。後方回転からトップをとりかけたジュカォンに対し、ラフレアーは立ち上がりパンチを当て、攻勢のラウンドを締めた。

最終回、右ジャブから前に出るラフレアーが左を届かせる。劣勢のジュカォンは右を伸ばすが、左を受けて頭が後方に揺れる。後ろ回し蹴りを見せた直後にラフレアーがダブルレッグでテイクダウンに成功。寝技に付き合わず、スタンドに戻る。ガードの上からの左ハイで動きが固まったジュカォン。こうなるとラフレアーは攻めやすい。左ハイが顔面を掠め、シングルレッグもジュカォンは切られる。

クリンチから後方へ崩しを切り返されたラフレアーは、ハーフからキムラを仕掛けるも防いだジュカォンはパスを狙いへ。ハーフからパンチを入れ、残り時間は30秒を切っているが、ジュカォンがマウント奪取。パンチは落とすも、サブミッションには入れず試合はタイムアップに。ラフレアーが3‐0で勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie