この星の格闘技を追いかける

【UFN100】2&3Rで挽回したウスマンが、アウベスを倒しマイア戦をアピール

LINEで送る
Pocket

<ウェルター級/5分3R>
カマル・ウスマン(米国)
Def.3-0:30-26.29-27.29-28
ヴァルリー・アウベス(ブラジル)

テイクダウン×ギロチンの対戦。互いに左ジャブを打ち合い、アウベスが右フックを打ち込む。ウスマンはワンツーを受けて右を伸ばすが距離は合っていない。それでも前に出て左を伸ばすウスマンはアウベスをケージ際に追い込んでいく。プレッシャーを強めるウスマンにアウベスは左のハイキック。これは空振りになったが、前に出てきたウスマンに右フックを当てていく。

さらに左フックを被弾したウスマンが初めて組みに行く。頭に腕を回され離れたウスマンにアウベスはミドルを蹴り込む。互いに得意の展開に持ち込むには打撃で打ち勝つ必要があるなら、アウベスがヒザ蹴りから後ろ回し蹴りを狙い、タイムアップに。初回はアウベスが取った。

2R、打撃の交換から組みに行ったウスマンが頭を下げずに胸を合わせてアウベスをケージに押し込む。アウベスはギロチンを餌に離れることに成功する。左ストレートから組んでいくウスマン、スプロールしたアウベスに左ジャブを伸ばし、ローを蹴っていく。アウベスは鼻血を流し、やや動きが鈍くなったか。左を被弾したアウベスは右ミドルを返すも、ウスマンの前進は止らない。左フックから右、さらに左、右アッパーを打ち込んだウスマン。自ら離れると右ミドルからパンチを受けても前に出るウスマンに対し、アウベスがヒザ蹴りをボディに入れるも、このラウンドは取り返された。

最終回、いきなり激しいパンチの応酬を見せた両者。前に出るのはやはりウスマンの方だ。右に続き、左を被弾して回るアウベスを追いかけてボディ、フック、左ミドルからパンチのラッシュ、右エルボーと猛攻に出る。左ワキを差されてテイクダウンを許したアウベスは、表情をつかれて切っていたが、ここで立ち上がってギロチンへ。足を挟んで引き込んだアウベス、ウスマンの腕は動いているがアウベスは何やらレフェリーにアピールする。

頭を抜いたウスマンは起き上がってパウンドを連打していく。アウベスはパスを許し、クルスフィックスが左エルボーを連打され動けない。一度はブリッジ、さらにケージを蹴ってもクルスフィックスが外れず、ウスマンが再びエルボーへ。ついにケージを蹴って逃げたアウベスだったが、直後にウスマンが肩固めを仕掛ける。ジッと耐えるアウベス、ウスマンは一発パンチを入れて、サイド肩固めへ。このままタイムアップとなったが、最終回を失ったアウベスに勝ち目はなかった。

勝者は「この階級で僕が一番のグラプラー、デミアン・マイアと戦わせてほしい」と語りブーイングを受けた。


PR
PR

関連記事

Movie