この星の格闘技を追いかける

【UFN93】ハインが、渋い勝負でバン・テヒョンに渋い判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ニック・ハイン(ドイツ)
Def.3-0:30-27, 30-28.29-28
バン・テヒョン(韓国)

間合いを図る両者。ハインはサウスポーから一旦オーソに、すぐにサウスポーに戻す。バン・テヒョンは右ハイを空振り、ハインも左ハイを空振りする。ワンツーで前に出るバン・テヒョン、ハインは右を打ちながら前へ。体ごと当たり負けのような形になり、バン・テヒョンが下になる。ハーフのバン・テヒョンがスクランブルから立ち上がる。バン・テヒョンの右は辺りが浅く、ハインがオーソから左フックを振るう。2人も手数が少なくなった初回、ハインが左ハイを狙ったところで終了した。

2R、バン・テヒョンが右ミドル。ハインは左を入れて、直後にバランスを崩すが踏みとどまって組んでいく。ケージを背に耐えるバン・テヒョン、ハインは離れると左を打ち込む。距離を取り、間合いを図る両者にドイツのファンは手拍子で、アクションを求める。バン・テヒョンは右ショート、ハインは右ボディストートを入れ、直後に組んでボディロックからテイクダウンを奪う。バン・テヒョンは立ち上がり、払い腰を狙う。腹ばいで倒れ、すぐに起き上がった両者、決定的なシーンがないまま試合は最終回へ。

最終回、前に出てくるハインに左を当てるバン・テヒョン。右ミドルをブロックされ、続く右フックは振りが大きく空振りになる。対してハインは左を狙うと、バン・テヒョンが同時に左フックをヒットさせる。ここに来て、ようやくペースが上がった両者。バン・テヒョンが前に出ると、ハインの左を被弾して腰が落ちる。続いてバン・テヒョンの右とハイの左が交錯する。

ハインは組んでいくが、勢いがなく自ら離れる。とバン・テヒョンの右にハインがダブルレッグを合わせる。ここを耐えて、小手を巻いて投げを打つバン・テヒョンだが、ここも決まらない。そのまま時間が過ぎ、ハインが足を使う場面が増える。バン・テヒョンが最後に右ハイを狙うも、ここでタイムアップに。結果、ハインが粕谷優介戦に続き接戦をモノにした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie