この星の格闘技を追いかける

【ONE45】V.V Mei、まさかのスプリット判定負け。ダウンが取れなくても打撃系(ヌネス)は勝てるのか……

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
イステラ・ヌネス(ブラジル)
Def.2-1
V.V Mei(日本)

サッカーボールキックが反則となったONE。V.Vは左は回りつつ距離を取る。ヌネスはローと前蹴りを見せ、前に出る。V.Vの前進に組んでヒザ蹴りをボディに突き上げたヌネス。V.Vはローをキャッチしてテイクダウンに成功する。ヌネスはクローズドガードを取り、V.Vが鉄槌を落とす。起き上がったV.V、そのまま持ち上げられたヌネスがガードを解いて着地し、距離を取り直す。

残り2分30秒、ヌネスは左ハイ。ブロックしたV.Vに右ローを蹴り込む。左右のフックで前に出たV.V、続いて左を伸ばす。ヌネスは左ローをから左前蹴り、続く左ハイは空振りに。飛び込んで左ミドルを狙ったヌネス、V.Vは左に回りながら前に出ようとする。これを前蹴りで止めたヌネスのパンチは大きい。足を取ってから組んでいったV.Vはヒザを防御するために倒し切れなかった。

2R、左から右を伸ばすヌネス。さらに左から右を見せ、後ろ回し蹴りを放つ。距離を取って回るV.Vは左足をキャッチしてシングルレッグでテイクダウン。そのままパスを仕掛ける。サイドから抑え込んだV.Vは左エルボー、マウントを取るとパンチを入れていく。右腕を差して、ブリッジからハーフに戻したヌネスだがV.Vがもう一度パスし、ニーインベリー。ハーフに戻そうとするヌネスを殴りながらマウントを奪取すると、パンチを落としてバックマウントへ。RNC狙いのV.Vはヒザをついて鉄槌。ここでヌネスが胸を合わせてトップに。

ガード事持ち上げてスラムを狙ったヌネス、V.Vが立ち上がらずガードを取る。残り25秒でブレイクが掛かり、V.Vが組んでから足を狙いつつ引き込む。ヌネスのボディへのスタンプにシングルに出たV.V。ここで2Rが終了、ポイントを取ったと思われるV.Vだが、終盤の失速が心配だ。


最終回、右に移動するV.V、続いて左に回るがヌネスが左を当てる。V.Vも右をヒットさせ、距離を取り直す。飛び込みで体の軸が乱れるV.Vに、ヌネスは左ミドルハイ。V.Vが蹴り足を取られ、軸足は払われて尻餅をつく。すぐに立ち上がったV.Vだが、動きが落ちている。組まれてヒザをボディに突き上げたヌネスは、V.Vのシングルを切って離れる。

明らかに動きが落ちたV.Vにヌネスがワンツー。V.Vが右を入れて組み付くと、ケージにヌネスを押し込んでいく。ハイクロウチに移行したV.Vだが、バランスを崩され下に。直後にシングルでスイープしたV.Vがパスガードに成功する。サイドから鉄槌、ヒザ蹴りをボディに入れたV.Vが最後はヒジ打ちを落としつつタイムアップに。

1Rと2Rはテイクダウンからトップ、3Rは動きが落ちたが、スタンドで決定打は受けなかった。順当にいけばV.Vの判定勝ちと捉えることができるが──。ジャッジの裁定は割れ、何とV.Vは判定負け。V.V Meiは初回、2Rと攻めてテイクダウンを奪って疲れた。あれだけポジションを許し、ダウンを奪うこともできなかったストライカーの勝利は何ともいいようがない。

PR
PR

関連記事

Movie