この星の格闘技を追いかける

【ONE41】フィリピーノ対決は階級上げたバナリオが、ドネールから判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ホノリオ・バナリオ(フィリピン)
Def.3-0
ヴォーン・ドネール(フィリピン)

鋭い左フックを振るうドネールに対し、元ONE世界フェザー級王者バナリオはワンツーから左ミドルを狙う。ドネールの前進に右ストレートを合わせたバナリオは、ケージ際に下がったドネールをテイクダウン。すぐに立ち上がって首相撲に捉えるドネールが、離れたバナリオにパンチを振るっていく。バナリオは右をもう一度ヒットさせ、さらにローに右フックを合わせる。ドネールの左フックはダブルレッグでバナリオがテイクダウン。バナリオは立ち上がってサッカーボールキック狙いからパウンドを落とす。ガードの中からパウンドを重ねるバナリオ、残り1分で試合がスタンドに戻るとドネールがスピニングバックフィストを当てる。動きが落ちたバナリオはクリンチからエルボーを放って初回を取った。

2R、ドネールの左フックで腰が落ちたバナリオだが、即テイクダウンに成功する。立ってローをバナリオが入れたところでレフェリーがブレイクを命じて、試合がスタンドに戻る。バナリオは直後に右フックを打ち込み、このまま2発パンチを続けてからシングルレッグでテイクダウン。残り90秒になりドネールが腕十字を仕掛けるも、これを防いだバナリオが担ぎパスからバックへ。エルボーを落とし、強引に腕十字を仕掛けると、左腕が伸び掛けたドネールは起き上がって、ジャンプしてパンチ狙う。蹴り上げでバランスを崩したドネールが、サマーソルトドロップのように背中からバナリオに落ちる。両者スタンドに戻るも、大きな動きはなくラウンドが終わった。

最終回、ドネールの左とバナリオの右が交錯。互いにスタミナをロスしたか、身体が大きく揺れる。テイクダウン狙いのバナリオは、そこに左ミドルを顔面に受けそうになるが、キャッチしてテイクダウン。バナリオが細かいパンチを落としてトップキープ、ドネールもガードからエルボーを狙う。残り2分25秒でブレイクが掛かり、試合はスタンドへ戻る。バナリオは右ミドルをキャッチして、またもテイクダウンに成功する。ハーフでパンチを落とすバナリオが立ち上がると、ドネールも続く。と、ローが急所に入ったとバナリオがアピールして、ここにきて試合が中断する。

再開後、ドネールは左ハイも力もスピードもない。バナリオが右ストレートをヒットして間合いを取りにかかる。追いかけたドネールにクリンチを仕掛けたバナリオが、3‐0で判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie