この星の格闘技を追いかける

【UFC196】最終Rを取ったディエゴ・サンチェスがジム・ミラーに競り勝つ

<ライト級/5分3R>
ディエゴ・サンチェス(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ジム・ミラー(米国)

両者揃って、ダッシュでケージ中央へ。ミラーの突き上げたヒザをキャッチしてケージに押し込んだディエゴ。離れてミラーはエルボーを放つ。右から左を伸ばして前に出るミラーはディエゴに右に右フックを合わせようとする。サウスポー同士、ローが交錯しミラーが左ストレートを伸ばす。思い切りワンツーで踏み込んでディエゴにここでも右を合わせたミラーは、続いて左フックをヒットさせる。左ハイから左ストレートで前進したミラーの方が効果的な動きを見せている。

右カウンターを入れたミラー、ディエゴは一気にダブルレッグでテイクダウンに持ち込む。ミッション・コントロールのミラーはクローズドに戻し、足をすくってスイープを狙う。胸を張って耐えたディエゴが左のパウンドを顔面に、右のパンチをボディに連続で落とす。足を払ってパスを仕掛けるディエゴはハーフからヒジを押し付け、初回をトップで戦い終えた。

2R、打撃ではリードしながらテイクダウンで初回を失ったミラーは左ローでディエゴのバランスを崩す。左右の蹴りを続けるミラーは左ストレート&右アッパー。右カウンターから右エルボーを繰り出す。さらに右ボディフックを入れたミラーは左ミドルを当てたが、その蹴りをキャッチしてテイクダウンを許してしまう。右ワキを差して立ち上がったミラー。打撃戦ではディエゴの固いパンチにカウンター、さらに後ろ回し蹴りを蹴り込む。

ディエゴのテイクダウンをスプロールしようとし頭をぶつけた両者。ディエゴが立ち上がり、ミラーはバランスを崩す。試合がスタンドに戻ると、ディエゴのダブルレッグを切ったミラーがギロチンを仕掛けヒザを頭部に突き上げる。頭を抜いたディエゴにはシングルでテイクダウンへ。ミラーがバックに回り込もうとし、ノンストップアクションの2Rが終わった。

最終回、ディエゴの右ヒザにミラーの左フックがカウンターで決まる。ディエゴはミドルをキャッチしたが、ここは倒せない。ミラーのワンツーに、ディエゴが右を返す。さらに右ジャブを入れたディエゴに、ミラーは左ストレートを返す。一瞬の交錯で右ボディフックを決めたディエゴ。ディエゴが動きの落ちたようにも見えるミラーにプレッシャーを強め、右フックをヒット。続く後ろ回し蹴りは距離が合わなかったが、ミラーはテイクダウン狙いも失敗。ディエゴもダブルをスプロールされる。

残り90秒、打撃で優勢になったディエゴは右フックを入れる。とミラーのダブルレッグでディエゴが腹這いに。すぐに立ち上がると、ミラーは深呼吸して生きを整える。足が前に出ず、手打ちになったミラーはダブルで腹這いながら前方に崩される。すぐに立ち上がって左ミドルと左フックを入れたミラーだったが、勢いで上回ることはできなかったか。結果、ディエゴが判定勝ちを収めミラーも納得の表情を浮かべた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie