この星の格闘技を追いかける

【UFC195】タフマッチ。田中路教、ソトを相手にワールドクラスのスプリット判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
田中路教(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ジョー・ソト(米国)

入場時に既に感極まっているような表情の石原夜叉坊、そして打撃の指導をしてくれた中村優作、三原トレーナーとハグをし1年3カ月振りのオクタゴンに足を踏み入れた田中。ソトの左フックに距離を取った田中は、左ローを受け流し前進にカウンターを合わせようとする。ジリジリと距離を詰めるソトに対し、田中は右フックを放ち、ローには左を2発伸ばす。ソトのシングルレッグを余裕を持って防いでパンチを入れた田中は、離れても右を入れる。ローを蹴り合った両者、左を入れてからの右フックは空振りに。

それでも直後に右を当てる。田中は右ローを蹴りこみ、右のフェイントを見せるもソトが左フックをヒット。直後にソトの前進にテイクダウンを合わせた田中、ソトはゴゴプラッタに。止まって耐える田中にソトは右エルボーを入れる。左に回りオモプラッタ状態から逃れた田中はローを入れ、笑顔を見せる。ここでタイムアップとなった。

2R、左ジャブを伸ばした田中が右ハイからボディ、スイッチして蹴りのフェイントも見せる。右ローからワンツー、ハイキックにボディと打撃で攻勢に出る田中はヒザに右を合わされ距離を取り直す。ソトの左ハイをブロックした田中は右、ヒザ蹴りを入れてから内股でテイクダウンに成功する。しっかりとトップを取り右のパウンドを入れた田中に、ソトがギロチンを仕掛ける。タイトに入っているようにも見えるが、田中は手首を掴んで隙間を作る。

ソトが諦めたとろろでエルボーを落とす。ガードの中から左右のエルボーを入れた田中は、ソトのスイープ&足関節狙いには身をひるがえすようにバック奪取へ。ソトも反応してガードに戻すも、田中のトップキープが続く。左右のエルボーを入れた田中、ギロチンはあったがラウンドとなったか。

3R、田中はワンツーから右アッパー。ヒザも入れると、ソトの左フックに右フックを合わせようとする。一瞬の小外掛けでソトを転がせた田中。すぐに後方回転から立ち上がったソトは、「もっと打ってこい」とアピールする。笑顔で応え、相打ちを続ける両者。と、ソトがボディから右ハイを狙う。ワンツーを受け、左を当てられた田中のテイクダウンにソトがギロチンで捉える。

これも2Rと同じく極めきれず、田中は腰をあげてパンチを連打する。もぐりから立ち上がったソトは左を伸ばし、田中の大内刈りを防ぐ。疲れた田中、左を伸ばすが左右のパンチを被弾して下がる。左フックにダブルレッグを合わせたソトはマウント奪取から、田中の動きに合わせてバックマウント&RNCへ。時間切れまで耐えた田中だが、完全に最終回は失った。

ポイント的には初回のゴゴプラッタがどのように判断されるか。トータルのイメージでは決してよくない。ただし、1R と2Rを取った可能性もある。結果、ジャッジの裁定は割れ田中はスプリットで勝利。涙を浮かべ「どっちにつくか分からなくて。最後はスタミナが切れてヤバいかと思った。テイクダウンして、技をもらってスタミナに影響がありました」と語った。

自分の試合に持ち込んでも、反撃を受ける。そしてスタミナをロスした。そんな厳しい戦いを勝ち抜いたノリ、これはワールドクラスのスプリット勝利だ。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie