この星の格闘技を追いかける

【UFN77】魂の打ち合い、リベラがムニョスをスプリットで退ける

<バンタム級/5分3R>
ジミー・リベラ(米国)
Def.2-1:29-28.28-29.28-29
ペドロ・ムニョス(ブラジル)

ムニョスの右ローをワンツーで迎え撃つリベラ。続いて右ローからアッパーをリベラがヒットさせる。と、ムニョスのローが急所に入り試合が中断される。再開後、ムニョスが後ろ回し蹴り。さらに前蹴りと蹴り技を駆使するムニョスだが、リベラのパンチの方が優勢か。頭を振り、ステップも駆使するリベラを捕まえられず、カウンターを被弾するムニョスは右ショートアッパーに苦しむ。

シングルレッグをスプロールしたリベラは、ボディからワンツーフックをヒットする。ムニョスも左エルボーを入れ、続いてヒザ蹴りを当てる。さらにはリベラのテイクダウン狙いにギロチンを合わせるも、極めきれず背中をつかされる。スタンドに戻り、やや盛り返したムニョスだが初回を失った。

2R、リベラは右ボディフックから左フックを入れる好スタート。左フックでムニョスの動きが止まり、連打で追い込む。ムニョスも右を返して盛り返したが、右目が閉じてしまっている。リベラの右フックにテイクダウンを合わせようとしたムニョス、これを切ったリベラにパンチを入れて離れる。と、ムニョスの右フックでリベラの腰が落ちる。直後に組みにきたリベラをギロチンで捉える。自ら背中をマットに着き、ロールしながらディフェンスかつ立ち上がったリベラだが、ダメージが残っている状態が続く。

残り90秒、ムニョスは前蹴り、リベラはフック系パンチと打撃戦が続く。ムニョスの左エルボーは届かず、リベラが右アッパー。さらに左右のフックを打ち込むも、序盤の威力は感じられなかった。

最終回、細かいパンチの応酬から互いに後ろ回し蹴りを見せ、意地の張り合い。ムニョスは前蹴りからショート、リベラもショートアッパーと近距離での打撃戦が続き、ムニョスの右ハイがヒットする。リベラはすぐにフックで反撃に移ると、ムニョスがテイクダウン狙いで尻餅をつかせる。即立ち上がったリベラに左フックをムニョスがカウンターで入れる。テイクダウンも踏まえ、蹴り、パンチと手を緩めないムニョスに対し、リベラも動きは落ちたが気持ちが切れることなく、左フックを振るっていく。左から右、続いて右フックをリベラが打ち込んでも、ムニョスも左フックをアゴにヒットさせる。

残り40秒、間合いを一旦外したリベラに対し、ムニョスが右ハイ。リベラも右ハイを返し、テイクダウン狙いをスプロールされたところで右を放つ。残り10秒も激しくパンチを打ち合った両者、魂の籠った一戦はスプリットとなりリベラに凱歌が挙がった。サンパウロのファンはブーイングも、ムニョスは納得したような笑顔を浮かべた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie