この星の格闘技を追いかける

【ASIA OPEN】2日目、茶帯4階級リポート

ASIA Open Brown【写真】上段左より渡邉、嶋田、タカサキ、そしてタンノの茶帯優勝者達 (C)HIROYUKI KATO

12日(土)と13日(日)の両日に渡り、東京都足立区の東京武道館にて開催されたIBJJF「アジアオープン2015」。今回は大会2日目から、世界で結果を残す選手が多数出場したアダルト茶帯4階級をレポートする。
Text by Hiroyuki Kato

【ルースター級】
渡邉翔平(ポゴナ・クラブジム)、澤田伸大(トライフォース柔術アカデミー)のワンマッチ決勝に。昨年は紫帯の全日本選手権で相まみえた両者、その時はポイント五分でレフェリー判定で渡邉が勝利している。

前回対戦の再現の如く、ダブルガードの攻防で寝こみのレッグドラッグ、そして足関を奪い合う攻防が続きアドバンテージを1つずつ、スイープを1度極めあった両者。序盤は渡邉、終盤は澤田が攻めた印象で、互角といえる展開で試合が終了した。結果、今回もレフェリー判定で渡邉が連勝することとなった。

【ライトフェザー級】
決勝に勝ち上がったのは、世界王者メンデス兄弟のATOSで修行する石井拓に、今年の世界柔術茶帯ライトフェザー級で3位に入賞した嶋田裕太(ネクサセンス)。

石井は普段はルースターを主戦場にするだけに、体格で勝る嶋田が巴的なスイープから力強い圧にパス、サイドなどを奪う形でポイントを重ね完勝した。

【フェザー級】
柔術界では“パンテーラ”の愛称で親しまれる日系ブラジリアンのヴァンデレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)、そして野性的な動きが持ち味の世羅智茂(グランドコア)が決勝に勝ち上がる。

ガードを得意にするタカサキが、シングルレッグからのテイクダウンで先制。世羅も中盤に上を取り返すも、タカサキの強固なスパイダーに苦戦。その後互いにスイープを一度ずつ重ね4-4の同点に。終盤にまたタカサキが上になり、残り時間をトップキープ。6-4で制した。

【オープンクラス】
今年もライト級を制したホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)が決勝へ。対戦相手は2メートル越えのルイス・サントス(ボンサイ)。引き込んだタンノがスパイダーガードを中心に試合を組み立てるも、パスの圧力でサントスがアドバン1をゲット。そのまま拮抗した勝負が続くが終盤にタンノが腕十字に。これをサントスが耐えぬいたままタイムアップ。そして主審によりタンノにアドバンが与えられ同点。レフェリー判定はタンノに。昨年に続き茶帯アブソを制した。

■ASIA OPEN2015茶帯リザルト

【ルースター級】
優勝 渡辺翔平(ポゴナ・クラブジム)
準優勝 澤田伸大(トライフォース)

【ライトフェザー級】
優勝 嶋田裕太(ネクサセンス)
準優勝 石井拓(ATOS)
3位 伊藤英元(トライフォース)

【フェザー級】
優勝 ヴァンダレイ・タカサキ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 世羅智成(GROUND CORE)
3位 タジン・クォク(KJコンペティションチーム)、池田譲(パラエストラ)

【ライト級】
優勝 ホブソン・タンノ(INFIGHT JAPAN)
準優勝 デヴィッド・ヨウナン(マロンバアカデミアインターナショナル)
3位 足立玄(ポゴナ・クラブジム)、ブレントン・マクキトリック(マロンバアカデミアインターナショナル)

【ミドル級】
優勝 ニコラス・ロビンソン(ニュースクールBJJ)
準優勝 イー・チャン・クー(デラヒーバ)
3位 ヤコブ・ダグラス(グレイシーバッハ)、ジュリアン・ゴンザレス(ピーターデビーン)

【ミディアムヘビー級】
優勝 エリクソン・タケウチ(Impacto Japan BJJ)
準優勝 ワイ・チュンウォン(GFチームインターナショナル)
3位 ルイス・グスタヴォ・ホシャ(グレイシーバッハ)、ジョン・モクキム(サナイ柔術アカデミー)

【ヘビー級】
優勝 ドゥ・ユンライ(グレイシーバッハ)
準優勝 レイド・ジェームス(ピーターデビーン)
3位 エリック・シアン(PUREBREDグアム)、イ・ヒョンヘ(KJコンペティションチーム)

【女子ライト級】
優勝 八田弥生(T-REX柔術アカデミー)
準優勝 芝本さおり(トライフォース)
3位 中尾美季(X-TREME柔術アカデミー)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie