この星の格闘技を追いかける

【UFN74】打のキャンベルが、柔術家シウヴェリオに組み&倒し勝つ

<ライト級/5分3R>
シェーン・キャンベル(カナダ)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
エリアス・シウヴェリオ(ブラジル)

シウヴェリオが左ミドルから右ロー、シングルでテイクダウンを奪うと立ちがったキャンベルのバックへ。ケージを蹴って後方に倒れ込み、すぐに体を反転したシウヴェリオがトップを取る。キャンベルがヒップスローを狙うとバックを取り、両足をフックしたシウヴェリオだがキャンベルが胸を合わせてトップへ。蹴り上げから立ち上がったシウヴェリオのテイクダウン狙いにキャンベルがヒザ蹴りを入れ初回が終わった。

2R、左フックから右ローを入れたキャンベル。シウヴェリオもローから組んでバックコントロールへ。後方からペンチを入れるシウヴェリオを前方にすかして落としたキャンベルは、ガードを取るシウヴェリオに特に攻めずにスタンドで待つ。シウヴェリオが立ち上がると同時に組みにいくも、キャンベルが内股で投げる。続くスクランブルのなかで動きが粗くなったシウヴェリオの足をキャッチしてテイクダウンしたキャンベルがトップへ。

ここではシウヴェリオの立ち上がり際にバックに回り、小手投げを切ってがぶりから立ち上がったキャンベル。左ジャブから前蹴りを放つキャンベルに対し、打撃戦を嫌がるシウヴェリオが組みついていくが、これを切ったキャンベルが逆にボディロックから小外掛けでテイクダウンへ。キャンベルがバックマウントを取り2Rを取り返した。

最終回、疲れの目立つシウヴェリオに左前蹴りを入れ、切れのある右ローを連打するキャンベル。シウヴェリオの右フックに左を合わせたキャンベルだが、シウヴェリオがシングルからバックへ。ここでもケージを蹴って後方にテイクダウンし、バックをキープするシウヴェリオ。キャンベルが胸を合わせて逆にテイクダウンを狙う。離れて立ち上がった両者、残り1分となりシウヴェリオがシングルレッグ、ケージ際へ。またもケージを蹴ったシウヴェリオだが、その勢いを活かしたキャンベルにトップを取られてしまう。パウンドを見せ、最後は左のエルボーで試合を締めくくったキャンベルが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie