この星の格闘技を追いかける

【UFN75】ロイ・ネルソン「俺は本当の意味でミックスマーシャルアーチストだ」

Roy Nelson【写真】レイザーラモンHGとの絡みでも、懸命に反応しようとしていたロイ・ネルソン。根っからのショーマンだ (C)MMAPLANET

2日(木)、東京都新宿区のパークハイアット東京で9月27日にさいたまスーパーアリーナで開催されるUFC Fight Night JAPAN 2015=UFN75「Nelson vs Barnett」の記者会見が行われた。

2年連続、日本大会でメインイベンターを務めるロイ・ネルソン。昨年のマーク・ハント戦では、バチバチの殴り合いを演じた彼が、ジョシュ・バーネット戦ではどのような戦いを見せるのか。

記者会見での芸人との絡み、そしてジョシュのMMAと彼自身のルーツ、現在の戦い方について話を訊いた。

──つたない英語ですが、ご容赦ください。

「俺の日本語の方がヤバいよ。アリガトー、ドイタシマシタシ……?」

──どういたしまして、ですね(笑)。9月27日のUFC JAPANの記者会見を終えたばかりですが、今はどのような気持ちですか。

「凄く面白い会見だった。エンターテイメント性も高くてね。ファイトだけでなく、俺と彼らのやり取りを見てもらい、ファンに感心を持ってもらう。やっていることは違っても、彼らも俺もそういう部分では同じことをやっているんだ」

──結局、彼らのギャグは本当に面白くなかったのですか。それても必死に我慢をしていた?

「俺も何かリアクションして笑かせようとしていたんだけど、やっぱり言葉の壁があって反応できなかった。日本のチキンウィング(※はぶの持ちネタの世界の山ちゃんの手羽先)は甘いって訳してもらったんだけど、どう見ても甘そうじゃなかった(笑)。それが面白くて、だから笑わないように懸命に耐えていたんだ」

──なるほど(笑)。ではジョシュ・バーネットと日本で戦うことに関して、どのような印象を持っていますか。

「ジョシュはPRIDE時代から定期的に日本で戦っていたし、良い顔合わせだと思う。ファイティングスタイル、技術レベルという面でも、ファンにロイ・ネルソンが何者であるのか分かってもらえる試合になるだろう」

──ジョシュは彼のMMAが日本の総合格闘技であって、米国のMMAではないと口にしています。ロイ自身のMMAと彼のMMAに違いは感じられますか。

「俺はもともと沖縄のティー(手)、ケンポーカラテを習っていた。空手、カンフー、柔術と練習してきてMMAを始めたんだ。つまり、俺のスタイルこそ本当の意味でミックストマーシャルアーツなんだ。アートを修業してきた。そして俺はレスラーだし、パンチだって打てる」

【写真】顔は見えないが、2003年5月のADCCサブミッションレスリング世界選手権でソア・パラレイと戦うロイ・ネルソン(C)MMAPLANET

【写真】顔は見えないが、2003年5月のADCCサブミッションレスリング世界選手権でソア・パラレイと戦うロイ・ネルソン(C)MMAPLANET

──ジョシュのいう日本の総合格闘技とは、どのようなモノだと理解していますか。

「ジョシュは『日本のスタイルは、ウォリアーズスピリットがより強く、勝ち負けよりも110パーセント力を尽くす。汗でなく血で勝つ』ということを言おうとしているよね」

──……。技術的にはどうですか。彼は足関節という日本のMMAの創世記から使われてきたテクニックを持っています。

「米国ではフットロックは重要視されてこなかった。柔術で足関節が禁じられていたからね。だから余り広まらなかったんだ。ホイス・グレイシーによって、俺たちはグラップリングを知った。それはチョークで人を絞め落とすことを意味していた」

──なるほど。会見ではロイも日本のファンはスタンドだけでなく、寝技を見る目を持っていると言っていました。そして、あなたはノヴァウニオンのラスベガス道場で、ジョン・ルイスに柔術を習っていました。ただし、UFCではほとんど柔術家らしい動きは見せていません。

「俺はMMAで戦い始めた頃、常に一本で勝ってきた(※6連勝中、5試合で一本勝ち)。だってボクシングなんてやったことがなかったから、柔術の技で勝ち続けていたんだ。でもKO勝ちできるようなると、ファンも大喜びするし、そこにハマっちゃんだよ。でも、日本では元々の俺のスタイルを披露しようかな」

<この項、続く>

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie