この星の格闘技を追いかける

【UFN75】ロイ・ネルソン<02>「スモーガイをテイクダウンするのは大変だぞ」

Roy Nelson【写真】自伝を執筆する意向を持っているロイ・ネルソン。ロンダ・ラウジーのようにメガヒットなるか?! (C)MMAPLANET

2日(木)、東京都新宿区のパークハイアット東京で9月27日にさいたまスーパーアリーナで開催されるUFC Fight Night JAPAN 2015=UFN75「Nelson vs Barnett」の記者会見が行われた。

2年連続、日本大会でメインイベンターを務めるロイ・ネルソンのインタビュー後編。

果てして、我々はロイ・ネルソンの寝技をさいたまスーパーアリーナで目にすることができるのか。

<ロイ・ネルソン インタビューPart.01はコチラから>

──ロイの寝技が見られるかもしれないわけですね。

「日本のファンがグラウンドファイトを尊重しているからね」

──ジョシュは5月にグラップリング大会のMetamorisでヒーロン・グレイシーにアンクルロックを極め、非常に印象深い勝利を挙げています。ジョシュが寝技の展開を望めば、受けて立つ?

「もちろん。俺の方がジョシュよりも55ポンド(約25キロ)ぐらいは重いだろうし、全くに気にしていないよ。ジョシュはスモーガイを相手にレスリングに応じないといけないというわけだよ(笑)。上手くいくと思うかい?」

──スモーガイが卓越したサブミッションを披露すれば、それは凄いことになりますね。

「その通りだ。でも、スモーガイをテイクダウンするのは大変だぞ。きっと、それだけバテバテになるだろう」

──そうはいってもロイは、会うたびにスリムになって、グッドシェイプを保っているように感じます。

「俺はいつだって試合に臨めるコンディションをキープしているんだ。いつ試合に穴が開いて、俺のところにチャンスが回ってくるか分からないからね。オファーがあれば、いつだって受けたい。チャレンジの機会があれば、いつだって応じるのが、俺の生き方なんだ」

──UFCではアンチドーピングに力を入れています。このUFCの方針はロイにアドバンテージを与えますか。

「彼らの思ったようにモノゴトが進めば、それは俺には有利に働くだろう。なぜなら、俺はそんなもん使っていないから」

──ところでロイは自伝を執筆し、日本で出版したいという意向を持っていると伺っています。

「あぁ、いつだってファンに俺のデモグラフィックスを示したいと思っている。可能なら、人生を振り返ってファンに伝えたいんだ」

──それは非常に楽しみです。最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

「9月27日、ジョシュ・バーネットと俺のエキサイティングなファイトを目にして欲しい。グレートファイトになるよ」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie