この星の格闘技を追いかける

【TUF 17】DJの代役はユライア、半同門対決??ヨルゲンセン戦へ

Faber

【写真】メンジヴァー戦では明らかに無傷だっただろうユライア・フェイバーが、2カ月後のメイン出場を決めた (C)MMAPLANET

27日(水・現地時間)、4月13日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのマンダレイベイ・イベンツセンターで開催されるThe Ultimate Fighter: Tem Jones vs Team Sonnen Finale=TUF17 Finaleのメインが、ユライア・フェイバー×スコット・ヨルゲンセンのバンタム級マッチになることが、UFCより正式発表された。

昨日、メインとして予定されていたUFC世界フライ級選手権試合は、王者デメトリウス・ジョンソンが負傷欠場。ジョー・モラガとの防衛戦は延期されることとなった。そして、メイン出場の白羽の矢が立ったのは先週のUFC157でアイヴァン・メンジヴァーを破ったばかりのユライア・フェイバーだ。対戦相手のヨルゲンセンは、昨年12月に3連敗の危機を脱し、ジョン・アルバートをRNCで下しているWEC&UFC通算成績10勝5敗。この勝ち星の数はユライアの11勝(5敗)に次ぎ、バンタム級で2番目の多い。

ジョー・ウォーレンのトレーニングパートナーで、これまで試合前になるとユライア率いるチーム・アルファメールで練習を積むことも少なくなかったヨルゲンセンだけに、両者とも手の内を知り尽くした相手と戦うこととなる。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday