この星の格闘技を追いかける

【UFC185】ヘンドリックスが地元でブラウンをテイクダウンで完封

<ウェルター級/5分3R>
ジョニー・ヘンドリックス(米国/1位)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
マット・ブラウン(米国/5位)

地元の大声援を受けるヘンドリックスに対し、ブラウンが左ジャブを伸ばす。ヘンドリックスは左アッパーから右フック、組んで大きくブラウンを抱え上げてスラムを決める。立ち上がったブラウンが左ストレート、ヘンドリックスが早くも2度目のテイクダウンを奪う。ブラウンはクローズドガード。ヘンドリックスは細かいパンチを落としてガードを割ると、左エルボーを見せる。ブラウンは三角絞めへ。ヘンドリックスが立ち上がると、足のフックを解いて試合はスタンドへ。右フックからヒザ、エルボーを入れたブラウン。ヘンドリックスは動きが落ちたが、抱え上げて3度目のテイクダウンに成功する。ハーフからパンチを入れるヘンドリックスが先制した。

2R、ブラウンは左ジャブから右ハイ。これをキャッチしたヘンドリックスがテイクダウンもすぐにブラウンも立ち上がって右ミドルを入れる。ヘンドリックスは左ストレートからフック、組んでまたもブラウンを大きく持ち上げてテイクダウンを決める。ブラウンはハーフに戻しブリッジで逃れようとする。トップをキープしたヘンドリックスは右のパウンドを落として抑え込む。ブレイク後、ヒザ蹴りから左ミドルとヘンドリックスが腹を攻め、左フックを顔面に叩きこむ。ローで崩れそうになったブラウンに組み付いてテイクダウンを決めたブラウンの一方的な展開に。左フックを受けて怯んだかと思われたブラウンだが、パンチで反撃へ。ヘンドリックスはまたもテイクダウンを決めて、ラウンドを取った。

最終回、ミドルを蹴ってバランスを崩したヘンドリックスだがすぐに立ち上がる。ここに連打を見せたブラウンだったが、組まれてすぐにテイクダウンを許してしまう。スタンドに戻ったブラウンを、またもダブルレッグで捉えたヘンドリックスはケージを握るブラウンをキャンバスへ。ケージを蹴ってもサイドから脱けることができないブラウンは、細かい連打を顔面に落とされる。再び横三角に出るも、足がフックしきれず、結局はガードを強いられる。ガードからパンチを入れるも、下になったままのブラウンはヘンドリックスに完敗を喫した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie