この星の格闘技を追いかける

【UFC185】フライ級デビューでランカーに完勝も、五輪金メダリスト=セフードは満足せず

<フライ級/5分3R>
ヘンリー・セフード(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
クリス・カリアソ(米国/10位)

北京五輪フリースタイル55キロ級金メダリストのセフード、対するは世界王座挑戦経験もあるカリアソ。カリアソの左ミドルにパンチを被せるセフードは、組み合いのなかで足を掛けて即テイクダウンを奪う。寝技に固執しないセフードに対し、カリアソは左ミドルを入れるもフックを被弾する。続くクリンチではテイクダウンを奪えなかったセフードだが、スーパーマンパンチから右ハイキックを見せる。セフードはケージにカリアソを押し込み、ヒザ蹴りからシングル、2度目のテイクダウンを奪う。がぶりから足を引き寄せ背中をつけさせたセフードだが、カリアソもケージを背にして立ち上がる。ケージに押し込んだままでヒジやエルボーを放つセフード、カリアソは離れて左ボディを入れる。セフードは逆に勢いをつけて右ハイを繰り出し、1Rが終わった。

2R、荒いが勢いのあるフックの連打で前に出るセフードはボディロックから、インサイドトリップでこの試合3度目のテイクダウン。ガードワークに定評のあるカリアソは、首を取られないように立ち上がる。カリアソはケージに押し込まれながらも体を入れ替える。距離を取った両者、セフードは一発一発の打撃が力まなくても力がある。4度目のテイクダウンに成功したセフードはハーフから強引にクルスフィックを狙う。カリアソがクローズドガードを取る。試合がスタンドに戻るとセフードは右ミドルを蹴り込み、ハイを狙うが空振りに。テイクダウンを2度決めたセフードがこのラウンドも取った。

最終回、セフードが蹴り足をキャッチし、もう一方の足を抱えに掛かるとカリアソは引き込んでガードに。エルボーを落としたセフードは潜りを狙うカリアソにヒジ打ちを頭部と背中に落とす。起き上がったカリアソは単発な蹴りを入れるのが関の山で、気が付けば背中をマットにつけている。ネルソンで固めマウンを取ったセフードはフィジカルを全面に出した攻撃でカリアソを圧倒する。カリアソは最後の最後にヒールを見せたが、体を捩じって逃げたセフードが、フルマークの判定勝ちを手にした。「KOしボーナスが欲しかった」と不満げな表情を見せた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie