この星の格闘技を追いかける

【UFN60】デリマ、成すすべなくエスクデロにフルマークの判定負け

<ライト級/5分3R>
エフライン・エスクデロ(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
ホドリゴ・デリマ(ブラジル)

UFC入りとリリースを繰り返してきたTUFシーズン8ウィナーのエスクデロが、デリマにショートの左を入れる。さらに左ジャブを伸ばすと、デリマは左ローを返す。続いて右ローを入れたデリマに、エスクデロが右ストレートを放っていく。右ストレートを受けたデリマが、ケージ際まで後退。追いかけてヒザを入れたエスクデロは、デリマのシングルレッグを抱え上げて対処、スクランブルからデリマがバックに回るが背中を取り切ることはできず両者が離れる。

残り2分、エスクデロはここで右アッパーから左フック、さらに右ストレートに続ける。デリマはここでもテイクダウン狙いへ。ウィザードから上を取ろうとしたエスクデロだが、取り切れない。ヒザをついているエスクデロのボディにヒザを2発入れたデリマが、エスクデロをケージに追い込むとバックを取ってテイクダウンへ。エスクデロはハーフガードもボディから顔面にパンチを受ける。このまま初回が終了、エスクデロとしては打撃で攻勢に出ながら組技でごまかされた惜しいラウンドとなった。

2R、右クロスから左カウンターを入れるエスクデロ。デリマもパンチの打ち合いに呼応するも、エスクデロはアイポークがあったと中断を要請する。再開後、近距離での打ち合いでエスクデロがワンツーを入れる。リマは頭を振らないので、パンチを放つとそこに反撃を受けてしまう。ここでもシングルからケージにエスクデロを押し込んだデリマを、エスクデロが押し返す。執拗に組み付きにいくデリマに対し、エスクデロがエルボーを連続で落とす。頭が下がってきたデリマは、ついに後方に引き込んでしまう。

パウンドを落とすエスクデロは、呼吸を整えてからエルボーをボディと顔面に。上体を起こしたエスクデロが思い切り振りかぶった右のパウンドを連打する。デリマは頭を抱えに行くも、引き続きパンチを被弾し2Rを戦い終えた。

最終回、引き続きパンチで攻勢に立ったエスクデロの右ボディ、ワンツーを受けたデリマがケージ際に下がる。デリマはローシングルでクリーンテイクダウンを奪うが、エスクデロが右を差して立ち上がる。左ストレートから打撃戦──と思いきや、エスクデロがダブルレッグを決める。パウンドを受けながら腕十字を狙うリマは、腰を切れずクローズドに戻す。動きの落ちた両者、エスクデロのパウンドも力がない。残り1分を切っても大きな動きがないまま試合が進み、タイムアップに。ガードで耐え続けたデリマだが、判定で勝ち目はなかった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY