この星の格闘技を追いかける

【UFN60】21歳レイ・ボーグ、ケレイデスを圧倒し続け最後はキムラ極める

<フライ級/5分3R>
レイ・ボーグ(米国)
Def.3R2分56秒by キムラ
クリス・ケレイデス(カナダ)

1993年生まれ、21歳のボーグがケレイデスのテイクダウン狙いを切り返し、ケージに詰めてシングルで倒す。ボーグはインサイドガードから左エルボーを落とし、続いて右ヒジを入れる。ケレイデスの三角狙いを担いで、ハーフの態勢を取ったボーグ。ケレイデスの起き上がり際にギロチンへ。ケレイデスはそのまま頭を抜いてリバーサルに成功する。サイドを取ったケレイデスに対し、ボーグがケージを蹴って正対、シングルから抱え上げてスラムでトップに。続いてボーグは、ケージを背にしたケレイデスをダブルで大きく抱え上げて、ケージ中央まで駆け抜けテイクダウンを決める。残り30秒でマウントを取ったボーグはエルボーから上を向いたケレイデスに肩固め、しっかりと先制した。

2R、初回同様組んでいったケレイデスだが、態勢を入れ替えられケージに押し込まれる。ヒザをボディに突き上げたボーグは、強引にも映るような積極性を見せてテイクダウンを決める。ケレイデスはハイガードから腕十字、素早く反応したボーグは重い右パウンドを落とす。オモプラッタも瞬時に反応したボーグのパウンドに、ケレイデスの息が荒くなる。鋭い左のパンチを入れてバックに回ったボーグ。パンチを後方から放ちつつ、フェイスロック。鼻血を流したケレイデスに後方から引き続きパンチを入れる。ボーグは正面に回ってボディにヒザ、そのままケージに抑えつけ、ダースチョークへ。これを解いて右パウンド、ケレイデスに立ち上がることを許さないままギロチンを仕掛けたところで2Rが終わった。

最終回、開始早々にテイクダウンを決めたボーグ。ケレイデスは頭を抱えるが、抜かれてガードに。ボーグはハーフからエルボーを落とす。潜るケレイデスが煽っていくも、ボーグはスクランブルを制してハーフからキムラへ。頭を跨いでいくボーグに対し、ケレイデスが足首を掴んで懸命に耐える。ついに足を畳んだボーグがキムラを極め、タップを奪い「初めてアームロックで勝った」と試合を振り返った。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie