この星の格闘技を追いかける

【UFN171】レイ・ボーグと戦うリッキー・シモンに聞いた、コンディションとLFAでの経験

UFN171【写真】無観客、最低限の人数でイベントが開催が続く場合、バーチェル・メディアデーが引き続き行われると非常にありがたい (C)Zuffa/UFC

13日(水・現地時間)にフロリダ州ジャクソンビルのヴィスター・ベテランズ・メモリアル・アリーナで引き続き開催されるUFN171:UFN on ESPN+29「Smith vs Teixeira」のバーチャル・メディアデーが11日(月・同)に行われた。

MMAPLANETではレイ・ボーグと対戦するリッキー・シモンに、新型コロナウィルス感染拡大とロックダウン下にあって、通常時のパフォーマンスを期待できるのか。そしてLFAという登竜門での経験が彼に何をもたらせたのかを尋ねた。


──リッキー、あなたのストロング・ポイントはペースとスタミナにあると思います。しかし、UFC249で戦った多くの選手が本来の動きではなかったです。気持ちは見せていたとしても。リッキーはこのハードな状況でどのような試合を見せたいと思いますか。

「ジムは閉まり、トップレベルでの選手でもベストシェイプではないだろう。でも僕はずっと、シェイプを保ってきていつでも戦えるようにしてきた。こういう機会が巡ってくることを待ち望み、準備してきたんだ。今、このような状況で試合機会を手にできる選手は少ない。僕はこの機会を得ることができたのだから、しっかりと戦いたいと思う」

──日本では昨年11月からようやくUFC Fight PassでLFAが視聴できるようになったのですが、リッキーはLFAでの経験をどのように捉えていますか。

「LFAではタイトル戦で5分✖5Rマッチを2度戦えた。UFCで8試合戦っているチコ・カムスと戦ってベルトを巻き、2度目は秒殺KOできた。5Rを1度戦い、5分✖5R用のトレーニングを2度できたことで、僕はよりデンジャラスなファイターになれたんだ」

※レイ・ボーグ✖リッキー・シモンの見所はコチラから

■UFN171計量結果

<ライトヘビー級/5分5R>
アンソニー・スミス: 205ポンド(92.99キロ)
グローバー・テイシェイラ: 205.5ポンド(93.21キロ)

<ヘビー級/5分3R>
オヴァンス・サンプレー: 240.5ポンド(109.08キロ)
ベン・ロズウェル: 265 ポンド(120.2キロ)

<ライト級/5分3R>
ドリュー・トバー: 156ポンド(70.76キロ)
アレキサンダー・フェルナンデス: 155ポンド(70.31キロ)

<バンタム級/5分3R>
レイ・ボーグ: 135.5ポンド(61.46キロ)
リッキー・シモン: 135ポンド(61.24キロ)

<ミドル級/5分3R>
カール・ロバーソン: 187.5ポンド(85.04キロ)
マーヴィン・ヴェットーリ: 186ポンド(84.37キロ)

<ヘビー級/5分3R>
アンドレイ・オルロフスキー: 238ポンド(107.95キロ)
フィリッピ・リンス: 236ポンド(107.04キロ)

<ライト級/5分3R>
マイケル・ジョンソン: 156ポンド(70.76キロ)
チアゴ・モイゼス: 155.5ポンド(70.53キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
シジャラー・ユーバンクス: 136ポンド(61.69キロ)
サラ・モラス: 136ポンド(61.69キロ)

<フェザー級/5分3R>
ハンター・アジャー: 145ポンド(65.77キロ)
ブライアン・ケレハー: 145.5ポンド(66.0キロ)

<ヘビー級/5分3R>
チェイス・シャーマン: 253ポンド(114.75キロ)
イケ・ビジャヌエバ: 232ポンド(105.23キロ)

<ライト級/5分3R>
ガブリエル・ベニテス: 155.5ポンド(70.53キロ)
オマール・モラレス: 155.5ポンド(70.53キロ)

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie