この星の格闘技を追いかける

【RFC21】試合結果 激闘に敗れた春日井、ベルト奪取ならず。ササロックは競り勝つ

Road FC21
【写真】アジア・ナンバーワンの呼び声高いROAD FCのラウンドガール=ロードガールが、今大会もケージに彩りを与えた(C)MMAPLANET

1日(日)、韓国はソウルのチャンチュン体育館でROAD FC21が開催された。

負傷欠場した正規王者チョ・ナムジンの代役として、3週間弱の準備期間でソン・ミンジョンとの暫定フライ級王座決定戦に臨んだ春日井健士は、延長ラウンドにもつれた激闘に敗れて戴冠ならず。ササロックこと佐々木信治は、キム・チャンヒョンに判定勝ちを収めた一方、入江美憂はキム・ジヒョンの奥方=パク・ジヘにTKO負けを喫し、YOUNG GUNSの藤井章太の判定負けを含めると、今大会の日本勢の戦績は1勝3敗だった。

メインのRFCフェザー級選手権試合でソ・ドゥオンの挑戦を受けた王者チェ・ムギョムはジャッジに苦しむことになったものの、延長ラウンドでスプリット判定勝ちを手にし、王座初防衛に成功。また、佐藤将光、手塚基伸、田村一聖を破っているキム・スーチョルは、ブラジルのヴァグネル・カンポスを138秒で沈めた同大会、全試合結果は以下の通りだ。

ROAD FC 21
<RFCフェザー級選手権試合/5分3R+Ex>
○チェ・ムギョム(韓国)4R
判定
詳細はコチラ
×ソ・ドゥウォン(韓国)
<RFCフライ級暫定王座決定戦/5分3R+Ex>
○ソン・ミンジョン(韓国)4R
判定
詳細はコチラ
×春日井健士(日本)
<バンタム級/5分3R>
○キム・スーチョル(韓国)1R2分18秒
TKO
詳細はコチラ
×ヴァグネル・カンポ(ブラジル)
<ライト級/5分3R>
○佐々木信治(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×キム・チャンヒョン(韓国)
<女子アトム級/5分2R>
○パク・ジヘ(韓国)2R3分31秒
TKO
×入江美憂(日本)
<フェザー級/5分2R>
○タイロン・ヘンダーソン(米国)1R4分33秒
キムラ
詳細はコチラ
×ホン・ヨンギ(韓国)
<フェザー級/5分2R>
○キム・ウォンギ(韓国)1R4分25秒
腕十字
×チョン・ソクチャン(韓国)
<ライト級/5分2R>
○キム・ギョンピョ(韓国)2R1分39秒
TKO
×ジョン・ジェイル(韓国)
<フェザー級/5分2R>
○ジャン・デヨン(韓国)1R1分32秒
TKO
×キム・ミンホ(韓国)
<ウェルター級/5分2R>
○オ・ジェソン(韓国)2R
判定
×藤井章太(日本)
<フライ級/5分2R>
○チェ・ジョンホン(韓国)1R4分18秒
RNC
×キム・ウジェ(韓国)
<ライト級/5分2R>
○ヤン・ジェウン(韓国)2R
判定
×キム・イサク(韓国)
<バンタム級/5分2R>
○ジャン・イクファン(韓国)2R
判定
×パク・ジェソン(韓国)
<フライ級/5分2R>
○ユン・ホヨン(韓国)2R
判定
×キム・ジェギョン(韓国)
PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie