この星の格闘技を追いかける

【RFC21】ササロックがアームバー・キムに殴り勝つ

Sasaki vs Kim Chang Hyuun【写真】試合後、両者とも2Rに拳を折っていたことが判明した――魂の殴り合いを佐々木が制した(C)MMAPLANET

<ライト級/5分3R>
佐々木信治(日本)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
キム・チャンヒョン(韓国)

まず左ジャブをヒットさせた佐々木。キム・チャンヒョンは飛び込んで左の蹴りを見せる。引き続いて左ジャブから右ストレート、左フックと佐々木が好調な出足を見せる。直後に距離を詰めたキム・チャンヒョンが首相撲からヒザ蹴り、ケージを背にした佐々木も組み合いのなかでヒザを返す。ならばとキム・チャンヒョンはエルボーとアッパーのコンビネーションを繰り出す。

距離を取り直した両者、佐々木は左ハイをスウェイでかわすが、右ストレートを被弾する。左前蹴りで距離を作ろうとした佐々木は、突進してきたキム・チャンヒョンの左右のフックを受ける。激しい打撃戦で、鼻血を見るキム・チャンヒョンに佐々木の左ジャブが引き続き打ち込まれる。この左ジャブが見えていないのか、この攻撃を食い続けるキム・チャンヒョンはクリンチ&アッパーで反撃も、直後に左フックを受ける。キム・チャンヒョンの押し込みに、ケージに詰まった佐々木は左ミドルも、テイクダウンを合わされてしまう。枕でパスのプレッシャーを掛けるキム・チャンヒョン、ここで初回が終了した。

2R、引き続き左ジャブが当たる佐々木は、ケージを背にしてもその左を伸ばす。距離を詰めてフックを振るうキム・チャンヒョンを前蹴りで突き放し、右ストレートと左フックを当てる。佐々木がペースを握ったかと思われた中盤、キム・チャンヒョンが左フックや右アッパーで反撃。佐々木も右ストレートから左ジャブを軽快に入れると、なぜかノーガードになったキム・チャンヒョンにワンツーをクリーンヒットさせる。

大量の鼻血を流すキム・チャンヒョンにドクターチェックが入り再開後、右フックから左フックを受けた佐々木がダウンを喫する。ジャンプして佐々木の体を飛び越えたキム・チャンヒョンが、連続でパウンドも落とす。佐々木は足関の態勢から、懸命に上体を起こしてギロチン。さらにがぶりに移行して立ち上がる。ケージに押し込まれた状態で、佐々木はラウンド終了まで持ちこらえた。

初回は佐々木、2Rはキム・チャンヒョン。勝負の3R、右を被弾した佐々木だが、ここでも左ジャブを連続で決めると、大振りになったキム・チャンヒョンに左フックを打ち込む。キム・チャンヒョンも右アッパーを放つが、足が揃うなど疲れが目立ってくる。それでも左ミドルを見せたキム・チャンヒョンに、佐々木は前に出てパンチを被弾しながら、左から右をヒット。両手を挙げてアピールするキム・チャンヒョン。

しかし、動きは止まり佐々木のジャブが顔面を襲う。パンチを出すと、上半身が乱れるキム・チャンヒョン。残り90秒を切って、佐々木は左フック、右アッパーから左右のフックを連続で決める。ついに腰が崩れたキム・チャンヒョンにパウンドを見舞っていく。佐々木は起き上がってきたキム・チャンヒョンにダブルレッグを仕掛けると、なぜかレフェリーがブレイクを命じる。

最後は殴り合えといわんばかりのレフェリングに、佐々木もキム・チャンヒョンも覚悟を決めたような打ち合いに。ここでも後退したのはキム・チャンヒョン、追いかけた佐々木がダブルレッグを仕掛けたところで試合終了となった。大切な最終回で打ち勝った佐々木だが、果たしてジャッジの判断は――。結果は3-0で佐々木の判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Tricorder

Gokikai Karate

ONEday