この星の格闘技を追いかける

【PXC45】トレヴィン・ジョーンズがミセッチをスプリットで下す。勝因はケージへの押し込み?!

<バンタム級/5分3R>
トレヴィン・ジョーンズ(グアム)
Def.2-1
トビー・ミセッチ(米国)

かつて矢地祐介をKOしているミセッチが、フェザー級王座奪取に失敗し、バンタム級へ。実弟タイロンと揃って出場となったトレヴィン・ジョーンズと対戦する。試合開始早々に組み付いたジョーンズ、ケージを背にしたミセッチがヒザを突き上げて体を入れ替える。すぐに押し込み返したジョーンズもヒザを見せ、ボディを狙ったパンチが急所に当たってしまう。レフェリーが両者を分けるも、同じ態勢で再開に。ジョーンズが細かい左アッパーを続ける。

ジョーンズの押し込みに左を差して突き上げたミセッチ。ジョーンズはヒザをつくがすぐに起き上がって、再びミセッチを押し込んでいく。押し返して距離を取ったミセッチは、右ジャブを伸ばす。すぐにダブルレッグをジョーンズが放つも、ミセッチはスプロールする。ジョーンズの右ボディに右ジャブを返すミセッチ。ジョーンズの右フックとミセッチの左が交錯する。ミセッチが圧力を掛けるも、ジョーンズはワンツーで前に。ミセッチが右フックから左を伸ばし、ジョーンズもパンチを返そうとしたところで初回が終了。レスリングで負けないミセッチ、打撃で負けないジョーンズ、互角の5分間だった。

2R、ミセッチの左ストレートに対し、ケージ際を回ってかわすジョーンズ。ミセッチは右ジャブから左を打ち込むフェイントを見せる。組んでケージに押し込んだジョーンズのヒザが急所に当たり、苦悶の表情を浮かべるミセッチ。2度目の急所への打撃で、ジョーンズにペナルティが与えられる。再開後、ジョーンズの右ミドルをかわして左ストレートを伸ばすミセッチ。ジョーンズがパンチを見せて組んでいく。ケージに押し込み、アンクルピックでバランスを崩したジョーンズがバックへ。後方からミセッチの顔面にパンチを入れる。

ワンフックで背中に乗られたミセッチは、ジョーンズの手首を掴んで防御するも、これを振りほどかれパンチを被弾。ミセッチは立ち上がるが、背中を取られた形は変わらない。ジョーンズが前方にミセッチを崩したところで2Rが終了、終盤攻勢だったジョーンズだが、ペナルティがあったため9-9のラウンドとなった。

3R、足を使うジョーンズをミセッチが追いかける。ジョーンズはフックのワンツー、かわしたミセッチに組みのフェイントを見せる。ミセッチは右ローを蹴り込み、距離を潰しに。ジョーンズも左ローを見せ、右フックから再び左ローを蹴り込む。ミセッチは左アッパーカット、右ジャブから左ボディストレートを伸ばすが、なかなか距離を詰め切ることができない。ジョーンズは右ミドルを返し、組みからドライブ。ここで観客席からブーイングが飛ぶ。ジョーンズの押し込みが続き、そのまま試合終了となり、スプリットでジョーンズが勝利。押し込んだ時間が長かった分、初回と最終回を取ったようだ。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie