この星の格闘技を追いかける

【UFN52】田中がギョンホにスプリット判定負け、プロ11戦目で初黒星

<バンタム級/5分3R>
カン・ギョンホ(韓国)
Def.2-1:29-28, 28-29, 29-28
田中路教(日本)

オクタゴン下でユライア・フェイバーの激励を受けた田中。オクタゴン内をグルグルと回ると会場は大歓声に包まれた。ジャブを突いて距離を詰めるギョンホ。いきなり右フックをヒットさせると、すぐさまパンチで襲いかかり、組みつこうとする田中にヒザ蹴り。そのままトップポジションを奪うとマウント、バックとポジションを変えてパームトゥパームチョークを狙う。腕を外して正対する田中。ギョンホはケージを背にして立ち上がると、田中のシングルに合わせて後ろに回り込む。ここも田中はすぐさま反転して脱出、立ち上がろうとするギョンホの首を取る。首を警戒しながら立ち上がったギョンホは田中のテイクダウンを潰してトップキープ。ここでも立ち上がろうとする田中のバックに回り込み、その態勢のままラウンドを終えた。

2R、ギョンホが右フックを強振。上体を振ってパンチのプレッシャーをかけて右フック、左ミドルを蹴る。田中も右ストレートと右ハイキックを蹴るが、ギョンホが右ストレートを合わせて顔面前蹴り、鋭い右ローを飛ばす。田中もシングルレッグから組みついてテイクダウンを奪い、細かくパンチを落とす。ギョンホはガードポジションから田中の右腕をアームロックに捉えてスイープ、マウントからバックとポジションを変える。ここもブリッジで脱出する田中、再びトップポジションを奪い返す。ギョンホはフックガードで田中の体を浮かせるが、田中はギョンホのバックに回り込む。身体を反転させるギョンホに対して、田中はパンチとヒジを落とし続けた。

3R、ギョンホが強烈な右ロー。田中のパンチをダッキングで空振りさせ、パンチのプレッシャーをかける。ギョンホはジャブ、右フック、右ストレート、顔面前蹴り。田中はギョンホのローをキャッチして右ストレート、ギョンホの立ち際にミドルを蹴る。立ち上がるギョンホだったが、田中がすぐに組みついてテイクダウン。ギョンホはケージを背にして立ち上がり、田中のシングルに対してバックに回り込む。ここも反転して奪取るする田中、ギョンホもすぐさま立ち上がり、スクランブルの攻防が続く。残り1分30秒、距離が離れて打撃戦になるとギョンホが右フック、田中も右ストレートを当てる。打ち合いから前に出るのはギョンホ。田中のダブルレッグを切ってスピニングチョークを狙う。すぐに立ち上がる両者。田中のテイクダウンに対して、すぐにトップポジションを奪い返すギョンホ。しかし田中もトップキープさせず、スクランブルの攻防へ。最後はスタンドの打撃戦となりお互いにパンチを打ち合った。

判定は2‐1と割れて、ギョンホが勝利。田中はプロ11戦目にして初黒星を喫した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie