この星の格闘技を追いかける

【UFN51】課題残るもレオ・サントス、エスクデロ破りオクタゴン2勝目挙げる

<ライト級/5分3R>
レオ・サントス(ブラジル)
Def.3-0:29-28, 29-28,29-28
エフライン・エスクデロ(米国)

TUF BR02優勝レオが、TUF8優勝のエスクデロに左から右ストレートを伸ばす。エスクデロも右からローを返すと、再度同じコンビを見せる。前に出てきたレオを首相撲に捉えたエスクデロだったが、ケージまで押し込まれテイクダウンを取られる。即サイドを奪ったレオはマウントを狙う。バタフライフックのエスクデロを潰したレオが、ハーフからパンチを落し、マウントを奪取。パンチ&エルボーを落したレオ、エスクデロが背中を見せると襷掛けからパンチを入れる。レオはパンチと鉄槌を続け、両足をフックし残り10秒で腕十字もこれは失敗、初回が終わった。

2R、エスクデロが右ストレートを入れる。レオは右ヒザをボディに入れ、組んでもう一発ヒザを突き上げる。左ジャブから右フックを受けたエスクデロが、右をヒットさせる。レオの左フックは空振り、続いて下がりながらのジャブからダブルレッグも、首相撲からヒザをボディに受ける。右フックを受けて倒れたレオ、ガードを取るもエスクデロがスタンドをキープ。レフェリーがブレイク、立ち上るよう命じる。完全に動きが落ちたレオだが、右ヒザをボディへ。右ハイキックは空振り、直後にワンツーを被弾する。テイクダウンを切られ、ガードを取ったレオに対し、エスクデロが再びスタンドへ戻る。レオは右アッパーを入れるも、打撃戦では劣勢だ。エスクデロが2Rを取り返した。

勝負が決まる最終回、レオは右前蹴りから右ロー、左ジャブを伸ばす。打っては離れるエスクデロ。右をヒットさせたエスクデロはローを蹴られながらも前進し続け、圧を掛ける。レオは残り3分で、ダブルレッグでテイクダウンに成功し、ハーフで固め左エルボーを入れる。ヒザを押してマウントを奪取したレオがエスクデロの動きに合わせてバックへ。両足をフックしRNCに入るも、ここは時間の経過を待つ作戦か。細かいパンチを入れたレオは、四の字フックからパンチ、そしてRNCへ。親指を立てて大丈夫だとアピールするエスクデロだが、残り時間はどんどん無くなっていく。バックマウント&RNCの態勢でタイムアップを迎えたレオ。何とか判定勝ちを手にしたレオだが、上に行くには打撃と組みのさらなる融合が必要か。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie