この星の格闘技を追いかける

【UFC144】日沖発が連勝、王座挑戦には謙虚発言

<フェザー級5分3R>
日沖 発(日本)
Def.判定3-0:29-28、30-27、29-28
バート・パラジェンスキー(米国)

左ジャブを伸ばすパラジェンスキーに、左ジャブを叩き込み機先を制した日沖。左ジャブが入る日沖は、前蹴りで距離を取り直す。右ローから左ジャブで、打撃戦を制した日沖は、シングルレッグを仕掛ける。ギロチンで後方に倒れ込んだ日沖は、首を引き抜いてパスへ。サイドからヒザ、左のパンチを連打する日沖。

もう一度、頭を殺して右エルボーを落とした日沖は、そのままバックへ。腕を後ろから取った日沖は、そのまま腕十字へ。上を向いて腕の視点を外したパラジェンスキーに、三角からオモプラッタでスイープを決めた日沖は、トップを取り返してパンチを落とす。右のパウンドで日沖が追い込むと、ガードを固めたパラジェンスキー。ここで1Rが終了し、日沖がまずはラウンドを取った。

2R、サウスポーに構えを変えた日沖は、左ハイを見せる。オーソドックスに戻すと、左ボディストレート、ロー&サイドキックをよけるが、続くワンツーを受けてヒヤリとするシーンも。やや呼吸を置いた日沖は、ワンツーから右ハイを見せる。右ハイを返すパラジェンスキーだが、前に出ようとすると左ジャブで止められてしまう。パラジェンスキーは、右ローを入れるが、日沖は右ハイを再び返す。

しっかりと距離を測る日沖は、右ローを受けてややバランスを崩す。パラジェンスキーが前に出てくるところをカウンターで攻めたい日沖だが、蹴りが急所へ。すぐに再開し、パラジェンスキーは急所を狙ったようなローを見せる。ワンツーで前に出るパラジェンスキー。距離を取る日沖だが、このラウンドは手数が少ない。

左フックを入れた日沖は、ここで組みつく。テイクダウンこそ奪えなかったが、バックに回り、そのままタイムアップとなった。2Rは日沖の手数が少なく、あるいは……という微妙なラウンドとなった。


3R、左を出す日沖。パラジェンスキーの右アッパーに組みついていく。日沖はケージに押し込んで、得意の組みからテイクダウンに成功する。日沖は、腰を殺して足を効かせない。

得意の形からパンチを落とした日沖は、しっかりとサイドへ。ハーフに戻されギロチンに捉えられるも、余裕を持って足を抜いた日沖は再びパスガード。しっかりと抑え込み、右エルボーを落とす。日沖の頭を抱え込むパラジェンスキーだが、こうなると反撃はできない。

パラジェンスキーの動きに合わせ、バックに待った日沖は、足をフックしてリアネイキドチョークへ。左手を取るパラジェンスキー。日沖はもう一方の手でパンチを入れる。さらに鉄槌から、後方に倒れ込み腕を取る。乗りすぎて十字を狙えない日沖だが、そのままフェイスロックでポジションを固定し、残り10秒。そのまま腕十字を狙ったが、タイムアップに。

圧倒的に1Rと3Rと支配した日沖、ジャッジの裁定は29-28が二人、30-27が一人でUFC2連勝を果たした。

ランク2位、タイトル挑戦を促すジョー・ローガンに対し、日沖はらしく「まだまだ改善する余地があるので、もっと頑張ります」と謙虚かつマイペースのコメントを残した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie