この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】アリスターvsベルドゥムは全く噛み合わず

<ヘビー級ワールドGP準々決勝/5分3R>
アリスター・オーフレイム(オランダ)
Def.判定3-0:29-28、30-27、30-27
ファブリシオ・ベルドゥム(ブラジル)

いきなり右ハイを見せたベルドゥムだが、アリスターにキャッチされてケージへと押し込まれてしまう。アリスターはグラウンドにいかず、スタンドをキープ。その後も引き込むベルドゥムにストンピングを放ち、スタンドへ戻るのを待つ。

ベルドゥムはテイクダウン狙いで引き込むものの、アリスターに寝技に付き合ってもらえず。残り3分を切って、距離が近づくとアリスターのヒザが待っていた。ガムシャラに左右のパンチを振るいながら、前に出るベルドゥムだが、引き込んでもアリスターが体を放すため、得意の展開に持ち込めない。

首相撲の攻防から、当たりの浅いヒザで後方に大きく倒れ込むベルドゥム。ちょっとした打撃で引き込みを見せ、手を拝んで寝技に誘うも、アリスターはやはり付き合わない。噛み合わない両者の攻防。残り10秒でアリスターが寝技の誘いに乗ったものの、何もされることなく初回を終えた。


2R、ベルドゥムはアリスターの右を空砲に終わらせて首相撲からヒザをボディに叩き込む。アリスターは1R同様、引き込んだべルドゥムに付き合わない。すると、この試合で初めてベルドゥムがテイクダウンに成功。アリスターはすぐに立ち上がるが、ベルドゥムのヒザを受けてしまった。

打撃を打たせておいて、ヒザを狙ったアリスターだが、再び足を掴まれてテイクダウンを許しそうになる。2分が経過。動きの落ちたベルドゥムは、アリスターの右を受けてダウン。そのままクローズドガードに取るが、ハイガードを見せるとアリスターはスクッと立ち上がる。

続くスタンド戦でヒザを受けたベルドゥムが、再び引き込むように後方に倒れる。立たされては打撃を受けて、後方に倒れるベルドゥムにブーイングが発生。残り30秒で引き込んだベルドゥムに付き合ったアリスターだが、有効な打撃をグラウンドで見せることがないまま、ラウンド終了となった。

最終回、飛び込んでヒザ蹴りやフックを見せるベルドゥムは、シングルに出るがこれを切られる。テイクダウン狙いに、バックに回ったアリスター。ベルドゥムが一回転したところで、立ち上がる。右フックを打たれ、引き込んだベルドゥムはクローズドガードを取る。シッティングからロックアップするも、アリスターに潰されて背中をつけた。アリスターは立ち上がって、そのままパンチを狙うがこれは決まらない。

左ボディフックかヒザを見せたアリスターに対し、その足を掴んで引き込んだベルドゥムだが、有効な攻めを見せることができない。アリスターもブレイク待ちのようにパウンド打たないまま時間だけが過ぎていく。

残り1分、ケージを蹴って向きを入れかえるベルドゥムだが、アリスターはじっくりと時間を掛けて立ち上がる。残り20秒、パンチが当たっている状態に組みにいったベルドゥムが引き込みから、ヒールへ。そのままタイムアップとなり、両者の攻防は全く噛み合わないまま終了した。立ち技に付き合わないファイターと、寝技に付き合わないファイター。当然、ジャッジは前者を敗者に、後者を勝者に選ぶ。30-27が二人、29-28が一人でアリスターが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie