この星の格闘技を追いかける

【Pancrase312】組み勝ち、打撃も譲らず中島太一がロシアン=フェドロフに完全勝利。「これがMMAだ」

Nakashima【写真】打撃の圧力に負けず、しっかりと組み勝った中島。ハマった試合を見せた(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<フェザー級/5分3R>
中島太一(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ボリス・フェドロフ(ロシア)

間合の測り合いから左ローを見せたフェドロフ。中島のローをチェックし、左ジャブを伸ばす。一気に距離を詰めた中島はシングルレッグでフェドロフをドライブ。ケージに押し込み右腕を差し上げてテイクダウンを決める。ハーフから立ち上がった中島は、フェドロフの背中を制して前方に崩すや、腰にヒザを蹴りこむ。左足をフックして伸ばしにかかる中島が、左でパンチを入れていく。残り80秒、立ち上がることができないフェドロフは左のパンチを受けながらも、左腕差して離れることにようやく成功。中島はすぐに組みついてテイクダウンを決め、フェドロフは左を差して起き上るが、がぶって初回を取った。

2R開始直後に右オーバーハンドのフェイクからシングルに出た中島は、右腕差して頭を押し込み、再びシングルに移行する。フェドロフはヒザを入れて離れるが、中島が右を当ててシングルへ。ケージに詰めた状態から離れた中島は右を空振りする。フェドロフは鋭い右も、中島がダックアンダーでかわす。フェドロフは蹴りを交え、右アッパー、さらに左と手数が増えてくる。

まっすぐ組みついた中島は、ここも右腕を差してテイクダウン、フェドロフのバックを伺う。後方へのパンチを見せるフェドロフは、立ち上がって胸を合わせる。右ヒジを振るって離れた中島は、右ロングをかわし、ジャブもよけるとシングルレッグへ。残り15秒で離れたフェドロフ、パンチのクリーンヒットはなかった。

最終回、ここまで完全にラウンドを取っている中島は、フェドロフのダブルレッグをスプロールし、相四つでケージに押し込む。中島はボディにヒザを突き上げ、残り3分20秒で離れる。フェドロフもスタミナを消耗しており逆転に向けてラッシュをかけることはできない。そしてパンチの振りが大きくなると、中島は組んでケージへ。しっかりと1分ほど時間を使い、離れたフェドロフの打撃を被弾することなくまたもテイクダウンへ。

立ち上がったフェドロフをケージに押し込み、シングル。切れないフェドロフはようやく離れるも、最後に打撃戦から組みを選択し勝負あり。3-0の判定勝ちをした中島はケージに駆け上がり、声を挙げて涙し勝利者インタビューで「幸せです。これがMMAだ!!」と叫んだ。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie