この星の格闘技を追いかける

【UFC246】初回にパンチを効かせたアスカロフが、パンチを当て続けエリオットを下しUFC初勝利

<フライ級/5分3R>
アスカル・アスカロフ(ロシア)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ティム・エリオット(米国)

スイッチをしつつ、ローの蹴りで動くエリオット。アスカロフはローを2度空振りしてから、踏み込んでワンツーを当てる。エリオットは左右に動き、アスカロフの前進に組んでいく。切ったアスカロフはすかさずパンチを入れ、ワンツーでエリオットの体が揺れる。テイクダウンを奪ったアスカロフは右腕を抱えられるも、抜いて枕から肩固めへ。左手で自らの左腿を掴んで防ぐエリオットだが、ヴァンフルーの要領で圧をかけられる。さらに上体を起こしてパウンドを落とし、ギロチンを防いだアスカロフが初回をリードした。

2R、組みを切られたエリオットは豪快な払い腰を決めギロチンへ。頭を抜いてスタンドに戻ったアスカロフが左を当ててから組んでいく。両ワキを差し、大内刈りのアスケロフは耐えられるとヒザをボディに入れ、バックに回る。左腕を入れて胸を合わせようとしつつ、離れたエリオットは直後にワンツーを被弾する。

エリオットはボディにヒザを入れるも、スイッチしながらワンツー、そしてアッパーを打たれる。その後2度目、そして3度目の足払いを決めたエリオットはトップを取り、腕十字を防いで、担ぎパスに成功する。アスカロフはハーフに戻し、続くパス狙いに体を反転させてスクランブル、スタンドへ。右を受けながら、ショートのワンツーを入れたエリオットは、最後に立ちでバックを許したがポイント的には追いついたか。

最終回、アスカロフのハンドスピードが落ち、レンジの外のエリオットを捕えることができない。ダブルをがぶって離れたエリオットは、アッパーを打たれるも直後にボディに細かい連打を打ち込む。アスカロフはワンツーを伸ばし、下がりながらもアッパー、フック、ボディをヒットさせる。殴られても前に出るエリオットはボディを入れ、ショートアッパー。アスカロフは右ジャブを当て、ローを蹴りこむ。精度は完全に上のアスカロフ、対してエリオットは前に出続ける。右に回りながらパンチを伸ばすアスカロフは、距離を詰められると背中を見せて間合いを取り直す。

ついには左を当ててクリンチに持ち込んだエリオットはボディ連打から、ダブルレッグへ。アスカロフもこれを切って、離れる余力は残している。残り20秒、仁王立ちで待ち構えたエリオットはシングルを切り、パンチをよけつつタイムアップに。

結果はジャッジ2人は2Rもアスカロフにつけ、3-0で1分を挟み11連勝を達成──UFC初勝利を挙げた。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie