この星の格闘技を追いかける

【Bellator237&RIZIN20】堀口恭司に訊く─02──負傷の瞬間、手術と術後「これからでも修正できる」

Horiguchi Kyoji【写真】インタビュー中、堀口はどれだけシリアスな話題のときでも笑みを湛えていた (C)MMAPLANET

RIZINバンタム& Bellator世界バンタム級という二冠を右ヒザ前十字靭帯断裂により、返上した堀口恭司インタビュー第2弾。

現在、日本でリハビリ中の堀口に負傷前、負傷、負傷後について尋ねた。第2回目はどのような状況でヒザの靭帯を断裂したのか、そして米国で手術を行った背景を話してもらった。

<堀口恭司インタビューPart.01はコチラから>


──一度、負けることでこれまでにないプレッシャーを感じるようなことは?

「アハハハハ。そんな人間に見えますか?(笑)」

──そういう気持ちになることも、あるのかと。

「ない、です。ない!! 海君が何かのインタビューでは『KO負けをしたから、次は怖くなると思います』って言っていたけど……いや俺、バカだからなんないんだよなって(笑)。ホント、申し訳ないというか、残念ながら──そういう風にはならないので。アハハハハ。『殴られて記憶飛んでいるから、分からないしな』って(笑)。アハハハ」

──今後、同じような状況で試合のオファーがあると、断ることになりますか。

「う~ん、回りはそうなるでしょうね。空手関係の人や親は前から止めようとしていたので。でも、自分はそうはならないでしょうね。それに……あの体調でも、最終的には勝てると思って戦ったわけですからね。何があっても、自分が勝てると思って戦ったので。負けは負けですよ」

──そして再戦に向けて、これまで通りに練習を開始したと。

「さっき話した『怖さがない』という……それが、実はダメなところかもしれないですね。緊張感がないのかもしれないです。練習し過ぎているので、それが当たり前になってしまっていて。もう、怖さとか何もなくて」

──そして練習中に右足の前十字靭帯を断裂したと。

「ハイ。ノーギで柔術の練習をしていて、下になっていたときに軽くヒザを押されただけで。もう何の音も、衝撃もなくスッとヒザが外れて。『うわっ、外れた』って自分でもすぐに分かりました。もうずれて、ボコってヒザがなっていたので。ごくごく普通の攻防の時だったんですけどね、やっぱり前からヒザはずっと痛かったので。

靭帯が緩々になっているのも感覚的に分かっていましたしね。で、まあ自分でずれた部分を直して……」

──えっ?

「自分でずれたところを戻して、次の日がMMAのスパーリングの日で。ステップを踏んだだけでまた外れてしまったんです」

──いや……ノーギ・グラップリングのときに切れたことが分かったのに、そこで医者に診てもらわず次の日に練習を行ったと?

「そうです。まぁ、大丈夫かなぁと思って」

──いやぁ、気持ちが強いのにも程度がありますよ(笑)。

「アハハハ、阿呆なんですよ。マネージャーには『変態だ』って言われますけど、まぁ阿呆なんです(笑)。ステップを踏んで外れた時は、もうさすがに『これはダメだ』ってなりましたけどね。そこでコーチも練習を中断させて、そのまま病院に行きました」

──もう、試合も決まっている中でどのような気持ちになりましたか。

「試合とか大会のことは、そこまで深く考えていなかったです(笑)。まぁ良いか、しっかり休もうと」

──なるほど(笑)。手術はフロリダで行ったようですが、海外で手術をすることに対して不安はなかったですか。

「ないですっ!! 日本の先生にも聞きましたし、米国の方が進んでいるので向こうでやった方が良いということでした」

──日本から誰かに来てもらって、身の回りの世話や気持ちを支えてもらったということは?

「それもないです(笑)。マイク・ブラウンに一緒に病院に行ってもらって、手術をして。入院もなく、ジムの2階に戻って(笑)。不安になることがないですからね。だって自分はそっちのプロじゃないし、プロに任せるだけです。マイク・ブラウンの送り迎えがあるだけで、助かりました」

──やはり堀口恭司、これからもさらに強くなれますね。

「まずケガに対して、もっと考えるようになるでしょうね。これまでもケアはしているつもりだったのですが、練習量が半端なく、それを続けてきたので。

コーチが『練習のし過ぎだ』と言っていても、自分が耳を傾けていなかったですね。でも、いくら人から言われても自分で経験しないと分からないことって多いと思うんです」

──それは本当にそうだと思います。いかに周囲のアドバイスが正しくても。

「で、今回やっと分かったので。これからでも修正できるし、それで遅くないと思います」

──前十字靭帯の負傷明けの選手は動きが変わってしまうこともありますが、その辺りについて不安は?

「全然ないです。ない(笑)。手術をすれば、より良くなるという説明を受けて……医者も『手術をして、運動機能が上がった選手も多い』と言っていますしね。その言葉を信じた自分を信じているんです(笑)。だから、楽しみが増えました。いや、バカですよね(笑)」

<この項、続く

■ Bellator237 対戦カード

<71キロ契約/5分3R>
矢地祐介(日本)
上迫博仁(日本)

<49キロ契約/5分3R>
浅倉カンナ(日本)
ジェイミー・ヒンショー(米国)

<53キロ契約/5分3R>
越智晴雄(日本)
ジャレッド・ブルックス(米国)

<キック68キロ契約/3分3R>
平本連(日本)
芦田崇宏(日本)

<58キロ契約/5分3R>
中村優作(日本)
神龍誠(日本)

<49キロ契約/5分3R>
アンディ・ウィン(米国)
あい(日本)

<77キロ契約/5分3R>
住村竜市朗(日本)
ジョン・タック(グアム)

<120キロ契約/5分3R>
シビサイ頌真(日本)
セルゲイ・シュメトフ(ロシア)

<ヘビー級/5分3R>
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
ランペイジ・ジャクソン(米国)

<160ポンド契約/5分3R>
マイケル・チャンドラー(米国)
シドニー・アウトロー(米国)

<173ポンド契約/5分3R>
マイケル・ペイジ(英国)
安西信昌(日本)

<ウェルター級/5分3R>
ロレンツ・ラーキン(米国)
中村K太郎(日本)

<女子フライ級/5分3R>
イララ・ジョアニ(ブラジル)
渡辺華奈(日本)

<ライト級/5分3R>
ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)
ダロン・クルックシャンク(米国)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie