この星の格闘技を追いかける

【Bellator237】M(マイケル)V(ヴェノム)P(ペイジ)戦へ、安西信昌「大人しい試合はできない」

Anzai【写真】UFCからDEEPを経て、Bellatorと契約がなった安西。ワールドトップクラスと戦える機会を今回、得た(C)MMAPLANET

27日(金)、東京都目黒区のウェスティン・ホテルで29日(日)にさいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで開催されるBellator Japan=Bellator237「Fedor vs Rampage」のメディアデーが行われた。ここでは初来日となったマイケル・ペイジと対戦する──安西信昌の質疑応答の模様をお伝えしたい(※要約)。

えげつない強豪との対戦、再び世界に出ていく安西の意気込みとは。


──試合を直前に控えた現在の心境は?

「非常にワクワクしています。本当に急なオファーだったんですけど、こういう舞台で強い選手と戦えることはチャンスでしかないので。チャンスをモノにしたいです」

──対戦相手の印象は?

「凄く特徴のあるファイターで、誰もが知っている選手です。本当に強い選手ですが、そこを倒してこそ──と思うので。自分を出していければ良いと思います」

──対策などは?

「自分が持っているデキる……持っているモノをしっかりと選んで、ぶつけて行きたいです」

──日本代表として戦うことに特別な意識はありますか。

「年末の格闘技というのは、ファイターになる前から特別な位置づけのモノだったので、その舞台に立てるということで……日本代表として戦えることを嬉しく思います」

──ベラトールとの契約が結ばれましたが、そこについてどう思われますか。

「UFCの頃から北米で戦うことが僕の目標だったので、それが今後はベラトールという舞台で戦えることは嬉しいです」

──そうはいってもエゲツナイ相手だという気持ちは、オファーを受けた時になかったですか。

「ファイターなので、強いヤツを倒すために自分たちも日々、辛いことをやっているので──こういう強い選手と戦えることはそれほどない。なので嬉しいです」

──やることは決まっていると思いますが、どのような試合をしたいですか。

「会場を盛り上げるバチバチの試合をします。大人しい試合はできないので(笑)」

──試合のポイントになりそうな場面はどこだと考えていますか。

「1Rですね。最初が本当に大事になってくると思います」

■Bellator237対戦カード

<71キロ契約/5分3R>
矢地祐介(日本)
上迫博仁(日本)

<49キロ契約/5分3R>
浅倉カンナ(日本)
ジェイミー・ヒンショー(米国)

<53キロ契約/5分3R>
越智晴雄(日本)
ジャレッド・ブルックス(米国)

<キック68キロ契約/3分3R>
平本連(日本)
芦田崇宏(日本)

<58キロ契約/5分3R>
中村優作(日本)
神龍誠(日本)

<49キロ契約/5分3R>
アンディ・ウィン(米国)
あい(日本)

<77キロ契約/5分3R>
住村竜市朗(日本)
ジョン・タック(グアム)

<120キロ契約/5分3R>
シビサイ頌真(日本)
セルゲイ・シュメトフ(ロシア)

<ヘビー級/5分3R>
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
ランペイジ・ジャクソン(米国)

<160ポンド契約/5分3R>
マイケル・チャンドラー(米国)
シドニー・アウトロー(米国)

<173ポンド契約/5分3R>
マイケル・ペイジ(英国)
安西信昌(日本)

<ウェルター級/5分3R>
ロレンツ・ラーキン(米国)
中村K太郎(日本)

<女子フライ級/5分3R>
イララ・ジョアニ(ブラジル)
渡辺華奈(日本)

<ライト級/5分3R>
ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)
ダロン・クルックシャンク(米国)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie