この星の格闘技を追いかける

【Bellator237】ジョン・タックと対戦、覚醒・住村竜市朗「もう構いません!! 書いてください」

Sumimura【写真】これぞ関西人という受け答えが、後半になって出まくっていた住村。覚醒した (C)MMAPLANET

29日(日)にさいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで開催されるBellator Japan=Bellator237「Fedor vs Rampage」のメディアデーが27日(金)に東京都目黒区のウェスティン・ホテルで行われた。

同大会のRIZINルール戦でジョン・タックと戦う住村竜市朗の質疑応答の模様をお伝えしたい(※要約)。

話題は私生活まで及んだ会見──住村の振り切り方が素晴らしいレベルになっていた。


──現在の心境は?

「体調が凄く良くて、体重も問題なく落ちています。良いパフォーマンスができると思います」

──対戦相手の印象は?

「UFCというトップの団体でやっていたので、僕はしっかりと仕事をします。会場を沸かせられるような試合にしたいと思います」

──わかせる試合というのは、一方的な勝利なのか激闘になるのか。

「激闘になると思います。外国の選手ですが、気持ちが折れないタフな選手なので。どっちかがぶっ倒れるんやないかと。多分そうなると思います。結構、ガンガンくる選手なのでしっかりと迎え入れようと思います」

──打撃では住村選手に分があるのではないでしょうか。

「ありがとうございます(笑)。スイッチもして器用な選手で、右が強い。一番気を付けるところは右ですね。そのパンチだけ、悪い状況でもらわなければ勝機はあるかと思います」

──ジョン・タックはやはりウェルター級として細いかと思いました。

「そうですね。ボクシングと違って自分らは1階級違うと7キロほど違うので、一発の重みとかフィジカルは違うと思います。ライト級からウェルター級にあげて通用している選手はいますけど、それをさせないよう全局面で上回ることができればと思います」

──全局面でという部分では、打撃が生きるように組みを伸ばしてきたと思うのですが、その辺りの自信については?

「自分は淡路島出身なんですけど、日本のトップクラスというか世界と渡り合っているグラップラーの選手たちとも練習をしてきて、最近では結構手応えも感じています。でも、やっぱり分かり易い試合をしたいので殴り合うと思います」

──ケージでのRIZINルールはDEEPでの経験が生きますか。

「リングよりケージの方がやりやすいというのはあります。景色とか……雰囲気が全然リングとは違うので。今回、金網で良かったというのではないですけど、まぁまぁ持っているなと。DEEPルールとあまり違いもないですし、慣れているのは自分だと思います」

──青木選手や北岡選手との練習で一番学んだことは?

「極端にいえば練習量ですかね。格闘技に対する向き合い方、練習への姿勢、凄く意識が高いのでそこを学びました。技術的にも細かいことを教えていただいたので、そこは自分の身に自然とついてきました」

──住村選手にとって格闘技って何ですか。

「何気なく目標なしに、ここまでやってきたので。有名になりたり、チャンピオンになりというのではなく、いっこずつ上がってきて今ここにいるので。人生でもないですけど、何なんですかね。分からないです。スミマセン(笑)。

格闘技がなかったから自分は社長とかになっていたと思います。夜の仕事の(笑)。引退のことは言ってはダメですけど、38歳で引退すると決めているので、それからは淡路島の子供が夢を追いかけるサポートをできればと思います。自分がここにいられるのは、本当に淡路島の方にお世話になったからなので」

──38歳で引退というのは?

「39歳で前厄になるじゃないですか」

──一同(笑)。

「大きなケガをしないうちに辞めようと」

──それまでに誰かと戦いたいとかは?

「ないです、全くないないです。もう33歳で歳も歳なんで、いっこずつですね。今回のジョン・タック選手と試合をして、いっこずつ上がれることができればと思っています」

──淡路島の子供たちのために夜の商売で成功したいと。

「したいですねぇ(笑)。本当にこの格闘技をやっていることで、今の自分があるので。その経験を活かして、頑張っている選手を応援したいです。

娘が格闘技をしているんですよ。自分、バツイチなんですけど、娘が淡路にいて。小学6年生でめっちゃ強いんです。その時は自分のことより、宜しくお願いします(笑)」

──バツイチ、公表してしまうのですか。

「もう構いません!! 書いてください(笑)。その方がインタビューもおもろいので」

──娘さんがやられている格闘技というのは。

「総合、MMAです。KIDS修斗の全国大会で優勝して、めちぇくちゃ強いんです。来年は中学生になるのですが、美術部に入って神戸の長谷川穂積選手がいる真正ボクシングジムとMMAはキングジムに通わせます。高校になったら、こっちで出てくると言ってるので父ちゃん、稼がななって(笑)。

住村斉明里、すみむら・さありって言います。息子はちゃらんぽらんなんでアレなんですけど、娘は強いので。看護師さんになってほしかったんですが、その夢が180度変わりました(笑)」

──なんだか、吹っ切った感がありますね(笑)。

「もう思い切りいきます(笑)。ビビることもないですし。ケガした状態でDEEPの10月大会に出させていただいたんですけど、その時は不安もありました。けど、あれを乗り越えてこの大舞台に立たせてもらえるので、自分の仕事をします」

■Bellator257対戦カード

<71キロ契約/5分3R>
矢地祐介(日本)
上迫博仁(日本)

<49キロ契約/5分3R>
浅倉カンナ(日本)
ジェイミー・ヒンショー(米国)

<53キロ契約/5分3R>
越智晴雄(日本)
ジャレッド・ブルックス(米国)

<キック68キロ契約/3分3R>
平本連(日本)
芦田崇宏(日本)

<58キロ契約/5分3R>
中村優作(日本)
神龍誠(日本)

<49キロ契約/5分3R>
アンディ・ウィン(米国)
あい(日本)

<77キロ契約/5分3R>
住村竜市朗(日本)
ジョン・タック(グアム)

<120キロ契約/5分3R>
シビサイ頌真(日本)
セルゲイ・シュメトフ(ロシア)

<ヘビー級/5分3R>
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
ランペイジ・ジャクソン(米国)

<160ポンド契約/5分3R>
マイケル・チャンドラー(米国)
シドニー・アウトロー(米国)

<173ポンド契約/5分3R>
マイケル・ペイジ(英国)
安西信昌(日本)

<ウェルター級/5分3R>
ロレンツ・ラーキン(米国)
中村K太郎(日本)

<女子フライ級/5分3R>
イララ・ジョアニ(ブラジル)
渡辺華奈(日本)

<ライト級/5分3R>
ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)
ダロン・クルックシャンク(米国)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie