この星の格闘技を追いかける

【Bellator237】日本初上陸、マイケル・ペイジ「ちょっと決めたい蹴りがあるんだ。楽しみにしてほしい」

MVP【写真】アベンジャーズ最強のヴィラン=サノスが、指パッチンをする時の「I am inevitable(私は絶対だ)」のポーズを決めたMVP (C)MMAPLANET

27日(金)、東京都目黒区のウェスティン・ホテルで29日(日)にさいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで開催されるBellator Japan=Bellator237「Fedor vs Rampage」のメディアデーが行われた。ここでは安西信昌と対戦する──マイケル・ペイジの質疑応答の模様をお伝えしたい(※要約)。

マイケル・ヴェノム・ペイジ、MVPの名称を持つベラトール・ウェルター級を代表するペイジが、ベンソン・ヘンダーソンの欠場と対戦カードの変更を経て来日が決まった。稀代のストライカーは、「日本のファンが見たことがないMMAを見せる」と豪語した。


──今の心境を教えてください。

「もともと戦う予定がなかった大会で戦えることができて凄く嬉しい。日本は自分が戦うべき運命にあった国だと思っている。最高の会場、最高のファンの前で戦うことにスーパーエキサイティングしているよ。日本のファンは長くコンバットスポーツを見てきたことも知っている。俺の戦い、スタイル、技術を日本の皆に見てもらえるのは素晴らしい機会だ」

──日本のMMAシーンで特に印象の残っている試合、そして好きだったファイターはいましたか。

「俺がMMAを見るようになったのはチャック・リデルからなんだよ。チャックも日本でいくつかのビッグマッチを戦っていたよね」

──準備期間が短かったですが、相手の研究をする時間はありましたか。

「俺自身でなく、俺のコーチがしっかりとチェックしてくれている。だから俺はあんまりビデオも見ていないし、凄くリラックスしてきた。まぁコーチに任せているんだ。彼がOKだといえば、俺はOKだ」

──初めてMVPの試合を見る日本のファンに、どこに注目してほしいですか。

「とにかく一つ一つの動きを見逃さないで欲しい。これまでMMAでは見たことがない動きをするからね。蹴りに関しては、ちょっと決めたいキックがあるんだ。そんなところを楽しみにしてほしい」

──ポケモンの生まれた国で試合をすることに感慨深いことはありますか。

「アハハハハ。俺はポケモンとともに育ったんだ。ポケモンカードが出ればカードを買って、ゲームが発売されればすぐにプレーしていた。ポケモン・ゴーには夢中になったよ。ホント、日本は最高だ。どこにいても最高だし、楽しすぎて試合のためにやってきたことを忘れてしまいそうになるんだ(笑)」

──ポケモンもそうですが、いつも試合後に何かパフォーマンスをしていますが、今回も考えていますか。

「観客が喜んでくれるよう入場、試合後のパフォーマンスはいつも考えている。今回ももちろん考えているけど、何をするかはここで言うことはできないよ」

──ジャンニ・ミリッロ戦から1カ月ですが、オファーを受けた時はどのような気持ちでしたか。

「実のところは、オファーじゃないんだ。前の試合が終わった翌日に『日本で戦いたい』と俺の方からスコット・コーカーにメッセージを送ったんだ。急過ぎるし、対戦相手が見つかればという感じだったから、とにかく試合が決まらなくてもこの大会を観戦しようとは思っていた。そうしたら対戦相手も決まり、オファーがあったんだよ。日本で戦えることが決まって、本当に喜んでいたよ」

──ウェルター級王者がドゥグラス・リマに代わりました。ワールドGPをあのような結果で終えて、王座挑戦についてはどのような気持ちでいますか。

「トーナメントの敗北後、すぐにリマッチに向けて動き始めた。きっと、すぐに実現するだろう」

■Bellator237対戦カード

<71キロ契約/5分3R>
矢地祐介(日本)
上迫博仁(日本)

<49キロ契約/5分3R>
浅倉カンナ(日本)
ジェイミー・ヒンショー(米国)

<53キロ契約/5分3R>
越智晴雄(日本)
ジャレッド・ブルックス(米国)

<キック68キロ契約/3分3R>
平本連(日本)
芦田崇宏(日本)

<58キロ契約/5分3R>
中村優作(日本)
神龍誠(日本)

<49キロ契約/5分3R>
アンディ・ウィン(米国)
あい(日本)

<77キロ契約/5分3R>
住村竜市朗(日本)
ジョン・タック(グアム)

<120キロ契約/5分3R>
シビサイ頌真(日本)
セルゲイ・シュメトフ(ロシア)

<ヘビー級/5分3R>
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
ランペイジ・ジャクソン(米国)

<160ポンド契約/5分3R>
マイケル・チャンドラー(米国)
シドニー・アウトロー(米国)

<173ポンド契約/5分3R>
マイケル・ペイジ(英国)
安西信昌(日本)

<ウェルター級/5分3R>
ロレンツ・ラーキン(米国)
中村K太郎(日本)

<女子フライ級/5分3R>
イララ・ジョアニ(ブラジル)
渡辺華奈(日本)

<ライト級/5分3R>
ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)
ダロン・クルックシャンク(米国)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie