この星の格闘技を追いかける

【Bellator237】中村K太郎と対戦、ロレンツ・ラーキン「さいたまで戦うことは、MSGの100倍素晴らしい」

Larkin【写真】変則的な打撃は、彼自身の工夫の成果だった。そのラーキンの打撃については、この後のK太郎の言葉で掘り下げたい (C)MMAPLANET

27日(金)、東京都目黒区のウェスティン・ホテルで29日(日)にさいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで開催されるBellator Japan=Bellator237「Fedor vs Rampage」のメディアデーが行われた。ここでは中村K太郎と対戦する──ロレンツ・ラーキンの質疑応答の模様をお伝えしたい(※要約)。


──今の気持ちを教えてください。

「ずっと良い練習をしてきたし、最高のコンディションだよ。チームとこの辺りをうろついているし、とにかく最高だよ」

──日本で試合をすることについて、どのような気持ちですか。

「PRIDE、DREAM、K-1を見て大きくなった。日本で戦うことは、ずっと自分の意識のなかにあったことだよ。僕にとってはMSGで戦うようなもの。いや、MSGで戦ったこともあるけど、子供のころから見てきた──さいたまスーパーアリーナで試合をすることは、その100倍素晴らしいことだね。

日本に来るのは初めてだし、米国以外で戦うこと自体が初めてなんだ。凄く街が綺麗で驚いた。米国はゴミだらけだからね。まだ数日だけど、凄く良い滞在になっている。チームと一緒に1月1日まで日本にいるんだ。エンジョイしているよ」

──対戦相手の印象を教えてください。

「Kタローはタフだ。一番乗っている時期だろう。ビッグプロモ―ションで、強い相手と戦ってきたファイターだけど、僕もタフな試合をやってきた。そして彼のことはチームとともに研究してきたよ」

──MMAを始める前にはどのような格闘技経験がありますか。

「キックボクシングとボクシングだ。キックボクシングからMMAに転じたんだよ」

──ストライクフォース時代からスタイルがケンポーと紹介されていましたが、あの独特な打撃はケンポーで身につけたものなのでしょうか。

「ケンポー? やったことないよ(笑)。なんで、そんな風に紹介されたのか分からないけどケンポーは経験ない。ただマーシャアルアーツの練習をするうえで、ジャブでもフックでも他の人間がやらない自分の独自のモノ、そして効果的なモノはないかと考えながらやってきた。

誰かが何かを教えてくれた時も、何か違う風にできないかアレンジしていたんだ。皆が同じコンビネーションを使うだろう? そうやって他のファイターと違う戦いをしてきたんだ」

──K太郎選手とは同じ階級で、同じ時代に戦ってきました。

「きっと同じプロモーションで戦う時期は重なっていなかったんじゃないかな。彼のことは知らなかった。対戦相手に挙がったことはなかったよ」

──今回の試合に勝って世界王者ドゥグラス・リマへの挑戦権を手にしたいという想いは?

「ベラトールからはナンバーワン・コンテンダーだと聞かされている。ただし、今はそこは考えない。Kタロー戦で勝つことをだけを考えているし、それが彼へ敬意を払うということだよ。勝てば挑戦できると言われたけど、そのことは考えないようにしている」

──スコット・コーカーのプロモーションで戦うことが長いですが、スコットの下でベラトールを代表して戦うことをどのように考えていますか。

「ストライクフォースのことは本当に好きだった。UFCに移った時も、スコットとは何も問題はなかった。良い移籍になったんだ。そして、今度はベラトールへ移ることになって、数年振りに旧知のスコットと一緒にやっていくことになった。そして今、ベラトールを代表して戦うことは本当に光栄だよ。数多くの選手から、RIZINと戦う1人に選んでくれたのだからね」

──これまで3連勝中ですが、全て判定勝ちです。フィニッシュしないといけないというプレッシャーはありますか。

「KO出来ればよいけど、この3試合ともKOしたいと思ってきた。そして、それがプレッシャーになることはないよ。日本のファンの好きなスタイル、凄くフィットしていると思う。日本でしっかりと僕の技、戦いを見せたいと思う」

■Bellator237対戦カード

<71キロ契約/5分3R>
矢地祐介(日本)
上迫博仁(日本)

<49キロ契約/5分3R>
浅倉カンナ(日本)
ジェイミー・ヒンショー(米国)

<53キロ契約/5分3R>
越智晴雄(日本)
ジャレッド・ブルックス(米国)

<キック68キロ契約/3分3R>
平本連(日本)
芦田崇宏(日本)

<58キロ契約/5分3R>
中村優作(日本)
神龍誠(日本)

<49キロ契約/5分3R>
アンディ・ウィン(米国)
あい(日本)

<77キロ契約/5分3R>
住村竜市朗(日本)
ジョン・タック(グアム)

<120キロ契約/5分3R>
シビサイ頌真(日本)
セルゲイ・シュメトフ(ロシア)

<ヘビー級/5分3R>
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)
ランペイジ・ジャクソン(米国)

<160ポンド契約/5分3R>
マイケル・チャンドラー(米国)
シドニー・アウトロー(米国)

<173ポンド契約/5分3R>
マイケル・ペイジ(英国)
安西信昌(日本)

<ウェルター級/5分3R>
ロレンツ・ラーキン(米国)
中村K太郎(日本)

<女子フライ級/5分3R>
イララ・ジョアニ(ブラジル)
渡辺華奈(日本)

<ライト級/5分3R>
ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)
ダロン・クルックシャンク(米国)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie