この星の格闘技を追いかける

【UFC】トリプルC=金メダル&フライ&バンタム級世界王者セフード……フライ級のベルトを失う?!

Cejudo【写真】トリプルCはダブルCと名乗るようになるのか (C)Zuffa LLC/UFC

19日(木・現地時間)、米国のMMAメディアがこぞってUFC世界バンタム級&フライ級王者のヘンリー・セフードが、フライ級王座を剥奪されたと報じている。

現在、肩の負傷で6月以来実戦から遠ざかっているセフード。彼の手元を離れたフライ級のベルトはジェセフ・ベナヴィデスとデイヴィソン・アルカントラ・フィゲイレドが王座決定戦を戦うという情報もある。


2008年北京五輪フリースタイルレスリング55キロ級金メダリスト、2013年3月にMMAデビューを果たしたセフードは、キャリア6連勝でUFCにステップアップし、4連勝後に時のフライ級王者デメトリウス・ジョンソンに挑戦──初黒星を喫する。ベナビデスとの再起戦にも敗れたが、ここから連勝し難攻不落のDJを昨年8月に陥落させてフライ級の頂点に立った。

今年の1月にはバンタム級王者TJ・ディラショーの挑戦を受けて32秒TKO勝ちで初防衛に成功すると、そのディラショーが王座を剥奪された世界バンタム級王座を賭けて6月にマルロン・モラエスと戦い、逆転勝利でUFCにとって4人目の同時に階級制覇=チャンプ・チャンプとなった。

その際、五輪金メダルと合わせ自身をトリプルCと称したセフードは、今回のベルト剥奪について返上でもなく、「放棄」したと言っているようだ。


            
■ UFN165計量結果

<フェザー級/5分5R>
フランキー・エドガー: 146ポンド(66.22キロ)
ジョン・チャンソン: 146ポンド(66.22キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ヴォルカン・オデズミア: 206ポンド(93.44キロ)
アレクサンダル・ラキッチ: 206ポンド(93.44キロ)

<フェザー級/5分3R>
チェ・ドゥホ: 146ポンド(66.22キロ)
シャルル・ジョーダン: 146ポンド(66.22キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
チョン・ダウン: 206ポンド(93.44キロ)
マイク・ロドリゲス: 206ポンド(93.44キロ)

<ミドル級/5分3R>
パク・ジュンヨン: 186ポンド(84.37キロ)
マフクアンドレ・バリユー: 186ポンド(84.37キロ)

<バンタム級/5分3R>
カン・ギョンホ: 136ポンド(61.69キロ)
リュウ・ピンユェン: 136ポンド(61.69キロ)

<ヘビー級/5分3R>
シリル・ギャン: 249ポンド(112.95キロ)
タナー・ボーザー: 246ポンド(111.58キロ)

<フェザー級/5分3R>
アシュカン・モクタリアン: 145ポンド(65.77キロ)
チェ・スンウ: 146ポンド(66.22キロ)

<ライト級/5分3R>
オマー・モラエス: 156ポンド(70.76キロ)
マ・ドンヒョン: 156ポンド(70.76キロ)

<フライ級/5分3R>
アレッシャンドリ・パントージャ: 126ポンド(57.15キロ)
マット・シュネル: 126ポンド(57.15キロ)

<バンタム級/5分3R>
サイド・ヌルマゴメドフ: 136ポンド(61.69キロ)
ハオーニ・バルセロス: 136ポンド(61.69キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
アマンダ・レモス: 116ポンド(52.62キロ)
ミランダ・グレンジャー: 116ポンド(52.62キロ)

<バンタム級/5分3R>
アラテンヘイリ: 136ポンド(61.69キロ)
ライアン・ベノイ: 136ポンド(61.69キロ)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie