この星の格闘技を追いかける

【UFC245】2Rにスタンドでピンチに陥ったヌネスが、徹底したTD&抑えでデランダミーを破り王座防衛

<UFC世界女子バンタム級選手権試合/5分5R>
アマンダ・ヌネス(ブラジル)
Def.3-0:49-44.49-46.49-45
ジャーメイン・デランダミー(オランダ)

ローを入れ、ローをかわしたデランダミーだが、右を被弾しケージ際まで下がらされる。右ミドルをキャッチして、右を振るった王者ヌネスは左から右オーバーハンドを振るうと直後にダブルレッグでテイクダウンを決める。足を捌いてのパンチのタイミングで起き上ったデランダミーに、ヌネスがギロチンを仕掛ける。頭を抜きスタンドで首相撲にとったデランダミーだが、ヌネスはテイクダウンを決めると勢いのあるパンチを落としていく。

クローズドの中からアメリカーナを狙いつつ、立ち上がってパンチをまとめたヌネスは、蹴り上げも捌いてパンチを連打。ニーインベリーから頭を抱えるデランダミーにパンチを入れて、肩固めへ。自ら技を解いたチャンピオンはニーインベリーからエルボーを連打するが、デランダミーは足を戻し蹴り上げでラウンド終了まで粘った。

2R、右ハイ、右オーバーハンドを繰り出したデランダミー。テイクダウンを恐れず、打撃勝負と腹をくくったようだ。ヌネスは右ローも、デランダミーが右を当てアッパーにつなぐ。デランダミーはさらに右オーバーハンドを入れると、前に出てきたチャンピオンに右アッパーを振り上げる。と、続く左にヌネスがダブルレッグを合わせてテイクダウン。

クローズドガードのデランダミーの腹にパンチを入れるヌネス、頭を抱えられた状態が続きレフェリーがブレイクを命じる。スタンドに戻った直後にハイを入れたデランダミーが、下がるヌネスにパンチを連打し、跳びヒザへ。ヒザを被弾したヌネスが組みつくも、デランダミーが押してスペースを作り、ヒザを顔面に入れる。ケージを背負ったヌネスは鼻血を流しながらも、ダブルレッグを決める。バタフライガードのデランダミーが、パンチを受けた直後に三角を狙う。頭を抜いた立ち上がったヌネスは初回のような迫力のあるパウンドは落とせず、この回を落とした。

3R、打撃戦からすぐに組みついたヌネスがテイクダウンを決め、手を払って背中をつかせる。ヌネスはクルスフィックスにとるが、ハーフガードだったためホールドはできない。ブレイク待ちのデランダミー、そうしてなるかとヌネスがパンチを入れる。エルボーを打ちつけ、三角狙いつつエルボーの連打に出たヌネスだが、立ち上がったところで蹴り上げを顔面に受ける。崩れ落ちそうになりながらパスを決めたヌネスのエルボー連打にも、デランダミーがシングルで立ち上がる。スイッチでデランダミーを崩したヌネスが、がぶったところでラウンド終了となった。

4R、開始直後にボディロック&小外掛け気味のテイクダウンを決めたチャンピオン。ハーフでエルボーを受けたデランダミーが抱き着く。ヌネスは上体を起こしてエルボーを連打されたデランダミーが三角絞めから後方回転、上をとって腕を伸ばしにかかる。太腿を押し、体を捻って頭を抜いたヌネスがスクランブルに持ち込み、ダブルレッグ。デランダミーはクローズドガードを取り、ヌネスもその中に収まりエルボーを時折り見せるだけで動きがない。ここではレフェリーはブレイクをかけず、ラウンドが終わった。

最終回、ハグをした両者は笑顔を浮かべて向き合う──と即、ヌネスがダブルレッグを決める。前のラウンドの終盤のように動きなくなり、時間が淡々と過ぎていく。ブーイングも聞こえる中、試合は最後の1分に。ヌネスはパンチの勢いを増し、立ち上がる。飛び込んでパスしたヌネスに対し、デランダミーが足を戻しつつ下からパンチ。タイムアップとともに、満面の笑みを見せるヌネスが王座防衛に成功した。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie