この星の格闘技を追いかける

【UFN165】これはX’マスプレゼントか?! ブライアン・オルテガ欠場、代役にフランキー・エドガー!!

Edgar【写真】オルテガ欠場は残念。しかし、エドガーの代役出場は嬉しい限りだ(C)Zuffa LLC/Getty Images

21日(土・現地時間)に韓国プサンのサジク・アリーナで開催されるUFN165:UFN ESPN+23のメインでジョン・チャンソンと戦う予定だったブライアン・オルテガが欠場というショッキングなニュースから1日、5日(木・同)に代役をフランキー・エドガーが務めることをUFCが正式に発表した。

「ヒザの負傷によりブライアン・オルテガが、21日のUFC Fight Night プサン大会のメインイベント=コリアンゾンビ、ジョン・チャンソン戦を欠場することになり、元世界王者フランキー・エドガーが代役出場する」とオフィシャルが報じた。


残念過ぎるT-Cityの欠場の知らせから、僅か1日でプサン大会への注目度が落ちないカードが決定した。

7月にマックス・ホロウェイの持つUFC世界フェザー級王座に挑戦して敗れたエドガーは、6年に及ぶフェザー級での活動に見切りをつけバンタム級転向を決めていた。そして1月25日のノースカロライナ大会でコリー・サンドハーゲンという12勝1敗の新鋭とバンタム級初戦を戦うための準備期間にあった。

このタイミングでオルテガの欠場を受け、コリアンゾンビとフェザー級マッチを飲んだエドガー。ショートノーティス出場で5分✖5R戦を飲めるだけ、その体調は上々と判断できるだろう。オルテガOUTも、エドガーIN。エドガーがアジアで戦うのは2012年の日本、2015年のフィリピンに次ぎ3度目で全てがヘッドライナーだ。

38歳になったエドガーがアジアで戦う雄姿を見られる機会が、そう何度も残っているとは思えない。ジョン・チャンソンとしてもオルテガとの戦いはまた実現できる。ここでレジェンドと対戦できるのは、決して悪くない。エドガーのプサン大会登場はアジアのMMAファンにとってクリスマスプレゼントとなる──といっても過言でない。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie