この星の格闘技を追いかける

【ONE WS09】モンゴリアン=プレウ・オトゴンジャルガルが抑え続け、最後はダースチョークで一本勝ち

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
プレウ・オトゴンジャルガル(モンゴル)
Def.3R3分43秒 by ダースチョーク
パク・テホ(韓国)

左フックを見せ、右ローを蹴ったオトゴンジャルガルが左ローを入れる。左右のフックからダブルレッグを寝合ったオトゴンジャルガルルは、そのまま下になり起き上がりつつ上を取り返す。ここからオトゴンジャルガルがハーフでボディと頭にコツコツとパンチを打ち、エルボーを受けたパクがフルガードに。下から逆にヒジを打つパクだが、スクランブルに持ち込むことはなく動きが少ないまま時間が経過する。そのままオトゴンジャルガルが上をキープし初回が終わった。

2R、左右に足をつかってサークリングを続けるパクを追いかけてローを蹴るオトゴンジャルガル。パクがワンツーを当てると、オトゴンジャルガルはフックを打ち返してダブルレッグでテイクダウンを決める。ハーフからパスを決めたオトゴンジャルガルに対し、パクがハーフに戻す。オトゴンジャルガルは腰を上げて左の拳をワキ腹に連打する。コーナー際だったためブレイクが掛かり、試合は中央で再開される。ハーフで抑えてパンチを続けるオトゴンジャルガルに対し、パクは初回に続き反撃に出ることができなかった。

最終回、オトゴンジャルガルは左ローを2発蹴りダブルレッグでテイクダウンを決め、パスからサイドへ。2Rと逆側で抑えるオトゴンジャルガル、ここもリング中央で試合がリスタートに。枕で圧をかけ、頭部にエルボーを入れるオトゴンジャルガルば背中を向けたパクをコントロールして仰向けにさせ、上四方からサイドで抑え込む。肩固めを狙うオトゴンジャルガルは、パクに足を戻させずシングルを潰してダースチョークへ。パクがタップし、抑え続けたオトゴンジャルガルが一本勝ちした。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie