この星の格闘技を追いかける

【Grachan42 X Gladiator011】石綱テツオと対戦、宮城友一─02─「『宮城は強いぞ』と思われる試合を」

Miyagi【写真】ベルトを価値を高めつつ、自らもステップアップする。このWIN WINな関係がジャパニーズ・フィーダーショー王座の在り方としてベストかもしれない (C)MMAPLANET

22日(日)に東京都大田区の大田区産業プラザPIOで開催されるGRACHN42XGLADIATOR011で石綱テツオを対戦する宮城友一インタビュー後編。

「グラジエイターがなければ格闘技を続けることはできなかった」という宮城が、その経験で得た自信とは何か。またライトフライ級王者の彼は、これからのMMAファイター人生をどのように送ろうとしているのかを訊いた。

<宮城友一インタビューPart.01はコチラから>


──そのような石綱選手に対し、どのいった試合をする必要があると考えていますか。

「僕がやることはいつも変わりないです。スタンドでプレスをかけて行って、そこで倒すことができればそれで良いですし、相手の得意でない形で組めば……そこからテイクダウンを決めて一本を取る自信もあります」

──このところ、スタンドのプレッシャーが試合で生きてきているように感じます。

「最近、距離感を自分のなかで見つけることができて、そこは自信が持てるようになりました。ここが自分は強く行けるというところが感覚的に掴めるようになったんです。なので次の試合も同じようにできると思っています」

──この試合はフライ級で、修斗でもフライ級で戦っていました。その一方で宮城選手が持っているベルトはライトフライ級です。

「ライトフライ級ということで甘く見られていると思います。『他ではない階級でしょ』と思われるだろうし、それは自分でも感じています。グラジエイターでもフライ級チャンピオンのNavE選手の方が強いという評価を受けているでしょうし。

う~ん、正直ライトフライ級は減量もかなりきつく、体はフライ級の方が合っていると思います。だけど少なくとも1回は防衛戦をしたいという気持ちもあります。他にないからという階級をグラジエイターが組んでくれいている。その階級のチャンピオンとして、何もしないまま返上という形は……だから、僕が防衛戦を戦うことでこの階級の価値を高めるための手伝いをしたいです。それと、やっぱり……甘く見られたくないので。

だからフライ級で勝っていくことと同様に、ライトフライ級王座の防衛をすることは自分のなかで大切だと思っています。ただし、これからを考えるとライトフライ級の防衛戦をするとしても……それができたらフライ級に専念したいと思います」

──先ほど名前の出たグラジエイター・フライ級王者NavE選手に挑むことも考えていますか。

「う~ん、戦えと言われればやります。ただ今はNavE選手もパンクラスで戦っているじゃないですか。僕は修斗のフライ級で結果を残し……どこでも、フライ級で自分自身の評価が上がる相手なら誰とでも戦っていきたいです。

それはNavE選手も同じ気持ちだと思います。だから……まずNavE選手はGrand王座決定戦で勝ってもらって。それから僕もNavE選手も修斗やパンクラスで結果を残して、グラジエイターの価値を上げる。

その2人が戦えるようにしたいです。そういう部分ではグラジエイターの王座にすぐ挑戦したいという気持ちは、今はなくて──そこに辿り着くまでの過程にあり、そこを楽しみにしています」

──なるほど!! では、改めて石綱選手との試合への想いをファンにお願いします。

「ハイ。まず、自分が格闘技を続けることができているのがグラジエイターのおかげです。なので石綱選手との試合は内容もそうだし、レベルも『宮城は強いぞ』、『グラジエイターのチャンピオンは凄いぞ』と思ってもらえるような試合をして、勝ちたいです。

そして修斗やパンクラス、MMAの関係者から『宮城っていうヤツがいるんだな』って認識してもらえるよう戦います」

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie