この星の格闘技を追いかける

【Brave CF30】アラブの柔術家アブザハをインドのレスラー=アガサが破り、キャリア11勝2敗に

<バンタム級/5分3R>
カタンタラジ・シャンカル・アガサ(インド)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ヌラズ・アブザハ(ヨルダン)

10勝2敗、インドMMA界のエース候補アガサはBrave & UAEウォリアーで連敗中で、再起を目指しヨルダン人で7勝2敗のアブザハと対戦。アガサは左フックを当てシングルレッグで早々にテイクダウンを奪う。対してアブザハはバタフライガードから、クローズド&左腕を極めようとする。アガサは立ち上がってスラム、ならばと三角を狙うアブザハをもう一度スラムで叩きつける。

それでもアブザハは腕十字を狙うが、腕を抜いたアガサはガードの中に収まる。もう一度腕十字を狙ったアブザハは腕を抜かれ、担がれそうになると背中見せてスタンドへ。離れたアブザハにアガサがシングルを仕掛けて2度目のテイクダウン。同時にアブザハがスイープを仕掛けるが、トップをキープする。下になって何をされるわけでないアブザハの方が動きも多い。そのアブザハがまたも腕十字へ。頭を刈ることを許さないアガサに対し、アブザハがクローズドガードに戻す。三角絞めは担がれ、後方からパンチをまとめて被弾したアブザハが立ち上がってアガサをケージの押し込み、ダブルレッグを決めたところで初回が終わった。

2R、アガサが左ロー、続いて右ローを放つ。前に出て右をヒットさせたアブザハは、シングルにギロチンで仕掛けるも護身柔術のように後方から回転したアガサが上を取る。サイドを抑えたアガサはアームロック狙いも、アブザハがハーフに戻してフルガードに収める。アガサは細かいエルボーを落とし、左のパンチを打っていく。肩ヒザを立ててエルボーを落とすアガサの足の下に腕を入れてスイープを狙うアブザハは、続いてキムラからスイープを狙う。

鉄槌を落とすアガサは、ついにひっくり返されマウントを奪われると同時に背中を見せる。バックグラブのアブザハは手首を掴まれRNCに入れないがパンチを落とし、絞めの機会をうかがう。そのまま四の字フックをキープしたアブザハが2Rを取った。

最終回、アガサはシングルからクリンチ、さらに首投げを狙うがアブザハは倒れず逆にケージに押し込む。ケージに押し込まれたアガサがダブルレッグからアンクルピックで尻もちをつかされる。キムラをアブザハが狙われるも、腕を抜いてトップへ。

アガサは起き上りながらダブルレッグでアブザハをスラムする。アブザハはクローズドを取り、下に落ち着く。三角と腕十字を防いだアガサがエルボーを落とす。さらに腰を上げて勢いのあるパンチを振るうが、ここは足を効かされ届かない。アブザハは足関節を仕掛けると、アガサは体を捻ってしっかりと足を引き抜く。最後までトップをキープし、最後の10秒はもう一度足関節を狙ったアブザハに勢いのあるパウンドをうちつけてタイムアップを迎えたアガサが3-0の判定勝ちを手にした。

インド人らしくレスリングに優れ、柔術は防御面を駆使して戦ったアガサは「みな、ここにきて応援してくれた皆に感謝している。これまでコーチがいたことがなかったけど、自分でやってきた。今回の試合からチームATSTで練習するようになった。もう負けない」とマイクで話した。


PR
PR

関連記事

Movie